新極真空手

新極真空手を始めた理由

一番大きな理由は、フットサルをしていたのですが、ボールをけった時に、ぎっくり腰で腰を痛め、治ってまた痛め・・・の繰り返していました。

あまりにも慢性的に腰を痛めてしまったので、フットサルを辞めたのですが、スポーツ・身体を動かすことをしないとストレスが溜まってしまいぐちゃぐちゃになってしまうので、何かできることはないか?と考えていました。

そんな時に、高校生の時「極真をしたい!」と親にお願いしたのですが「ダメ」と言われ諦めてしまったことを思い出しました。
今なら真摯に向き合えるだろうと思い、家の近くで極真(空手)ができるところを探したら、徒歩5分のところにあるということで、体験→即入門しました(*^-^*)

たまたまですが、今の道場に入って本当に良かったと思います(^^♪

高校生の時に極真をしたいと言って、親にダメと言われた理由




弱いくせに喧嘩っぱやかったw

そうなんです・・・身体もちっこいし、強いわけないのに、人一倍負けん気はあったので取り合えずよく喧嘩していました・・・
良く負けていましたよw心は負けていなかったかもですが・・・

大喧嘩について行って、入院

乱闘
はい・・・そんな弱い僕ですが、俗にいう「調子ノリ」「イチビリ」が過ぎて、大喧嘩に巻き込まれますw
高校生の時です・・・
たぶん40対4ぐらい・・・

この4のうち戦力にならない僕が1w

はい!勝てるわけありませんね( ;∀;)
残りの3人は鬼神のごとく、40人に向かっていきましたが、弱い僕はボコボコにされて、気づけば病院の上でした( ;∀;)

その時に、心折れていましたし、色々な人がお見舞いに来てくれたことで、感謝をしてもしきれないほど、毎晩一人になったときに色々な感情が出てきて泣いていました。今でもたまに思い出しますが、痛い思いをしてようやく感謝することができる本当に馬鹿な僕ですw

※画像のクローズみたいにかっこいいものではありません( ;∀;)

退院してしばらくして、極真がしたい!と親にお願いする

2ヵ月ぐらい入院していたでしょうか・・・まぁひどかったです。
まだ、親になったことないので、親の気持ちをそこまで理解できていないですが、それは心配だったと思います。
尋常じゃないぐらい顔が腫れました
喧嘩で顔が腫れる
ボクサーの内藤選手なみに腫れていたと思いますw

そんな顔を見て親が、心配しないわけないですよね・・・

そら反対されますわw
空手をして、すぐ調子にのってまたやられるんじゃないかと・・・

夜中に病院から「おたくの息子さんが喧嘩でやられて当院に運ばれてきました」なんてどんな親でも聞きたくないです・・・

当時の本心

二度と負けたくない、背が低いからって舐められなくない、心配かけたくない、強くなりたい

など今思えば、あほすぎる心情ですねw
そんなん親(大人)から見ればすぐわかります!OKでるわけがありません。

フットサルの熱意が冷めてしまったもう一つの理由





アスコフットサルコート

初めは楽しい仲良しクラブで満足

最初に始めた時は、仲良く、身体をうごかそーぜ!ってことで週1~2で集まって、楽しくボールを蹴っていました。
たまに、試合に登録して、一喜一憂し、試合の帰りにみんなで飲みに行く。

そんなのが非常に楽しかったですね(^_-)-☆

チームの向上心に疑問

一つは、ぎっくり腰でしたが、もう一つはチームの向上心でした。

仲良しクラブが数年が続いて、「上をめざそうぜ!」ということで兵庫県フットサル連盟のミドルリーグに登録します。

メンバーの中には、高校生の時に全国大会出場したメンバーなどもいて、ポテンシャルは非常に高いチームだったと思います。でも、ポテンシャルが高くてもサッカー・フットサルなどの団体競技はいい指導者・監督がいないとまとまりがなく、強くなっていきません。

当時、同じころに発足したチームと練習試合をして勝っていたのですが、そのチームは監督を雇ったり、チームプレーを重視していました。
一方僕らのチームの目標は「県リーグ」「Fリーグ(プロ)」と威勢だけはいいのですが、チーム練習もないし、ただただ個をみがくだけでした。
個を磨くのも、それぞれモチベーションも違うし、チームプレーもなく、本当に向上心があるのか?と思っていたのですが、フットサルも好きだし、みんなで集まってやるのが楽しかったので、結果「なぁなぁ」で数年やっていました。

相手チームにぼこぼこにされ始める

同じころに発足したチームは、チームプレーを重視し、みんなで一つの目標に向かって非常に努力していました。

1~2年もすれば、チーム力に大きな差が出始めます。
何をしても勝てなくなってきます。やはり団体競技は、いくら個ですごい人材がいても、一人では勝てないということです。
船頭多くして船山に上る状態では、勝てるわけありません。

なのに、「俺らはつよい」「やったらできる」などと夢見がちで、一向に練習方法も変えず、グダグダでしたw

まとめる能力のない自分に嫌気

キャプテンは、別にいたのですが、僕が副として、チームの管理・雑用を含め、チームの部費の管理・審判(審判をするには、審判免許が必要です。そして兵庫県フットサルリーグに連盟するには、チーム内で2人以上の審判免許が必要)などをしていました。

で、チームでも下手な僕が、チームプレーの指示をしてもいうこと聞いてくれません(-“-)
つらいところw

なので、上手い人間に、チームプレーの指示をあおっても動かない・・・「でも試合で負けるとみんな悔しい」
ならちゃんとせーよ!と思うのです。なかなか僕の言い方も悪く、みんなの心に響かなかった・自分の発言力の限界を感じました。

で、そんなこんなで怪我もあって、ちょうどいい機会なのでチームを脱退しました。
あとは、残りのメンバーでやってね(^^♪ということで。

スポーツがしたい!





運動したい

フットサルはできない

違うチームからも誘われたりしましたが、自分のチームを抜けた手前、他のチームに入ってするということが僕の道徳ではできませんでした。
練習を見に行ったりはしましたが、強いチームは、指導者がいて、みんなで意見交換しつつ、目標に向かって頑張っていました。
これでは勝てませんねw

団体競技は嫌だ

フットサルで、疲れてしまったのか団体競技はいやだな~と考えていました。
自分が休んだりすると、他の人にかなりの迷惑がかかってしまうのが団体競技です・・・特に人数ギリギリの場合は(-。-)y-゜゜゜

となると、個人でする競技・・・

そうだ!昔したかった空手をしたい!

極真空手を知る





Google先生に新極真 新長田って聞いたのです!そしたら家から徒歩5分であるではないですか!

早速電話をして、見学しにいきました(*^-^*)

生徒がいない!?

初めて見学に行った、道場では、先生がお一人で僕を待ってくれていました。

ジャッキージャッキー

エェー(◎-ω-)。o○(え?え?ほかの道場生は?)


と心で、ほんまに心配しました・・・

大丈夫か?と思いましたよ(-。-)y-゜゜゜

見学で行ったのですが、一人だったので、体験をすることになりました(^_-)-☆
そしたら、その先生が、なんと丁寧に教えてくれることでしょう!また、モチベーションの上げ方がうまい!
※僕ものせられやすいですがwww

で、その時思ったのですが、
先生に、こんなにつきっきりで教えてもらえるというのは何と贅沢なことなんでしょうと(●´ω`●)

なので、即入門です!

空手も一人ではできないことを知る!

試合などは、一人で出場しますが、相手もいて初めて試合ができます。
同様に稽古も一人では限界があり、先生、仲間がいるからこそ稽古の質もあがります。

道場によって、指導方針は様々ということを知る

これは、後から知ったことですが、空手の世界も色々あるみたいで、道場によってはひどい道場もあるようです。
これはたまたまですが、僕が入った道場は師範をはじめ、先生方が素敵です。
※もちろんめちゃくちゃ強いです。肉体も精神も!

道場によっては、空手の実力が非常に高くても、人として尊敬できない人が指導をしている道場もあるそうです。
僕は今の道場しかしらないので、真意はわかりませんが・・・

空手をし始めて本当に良かったと思うこと

諦めない気持ちができた

今まで、スポーツを色々してきましたが、これほどうまくいかないのはゴルフ以来ですw

親に運動神経がある程度よい身体に生んでくれたこと、運動能力をあげるようにいろいろなスポーツを子供のころから習わせてくれて、そのように育ててくれたことに感謝です。
そのため、ある程度のスポーツは少しやれば、学校では人並み以上程度にできてきました。
ですが、ゴルフと空手は中々うまく、強くなりません(-“-)
だからこそ、一生懸命したくなるし、負けたくない(自分に)という気持ち・心を成長させてもらえています。

人を見かけで判断しなくなった(たぶん)

自分では、人を見かけで判断していないつもりでしたが、どうしてもしていたのでしょう・・・
それが、空手をして
「強そうに見えない人に、フルボッコにされる」
「狂犬みたいな人が、すごくやさしい」
など、見た目に反してすごい人が多いことです。

これに気づいたときには、「やはり見た目で判断していた自分に自己嫌悪」しましたが、人を見かけで判断してはいけないということを再認識し、人と今まで以上にフラットに付き合えるようになったと思います(●´ω`●)

世界レベルの選手に指導してもらえる贅沢な環境

で、何より先生方が世界レベルの人がごろごろいる、すごい道場でした!

ジャッキージャッキー

エェー(◎-ω-)。o○(見学行ったときに1人って、なんだったんだろうかw)


そんな凄い先生方に教えてもらえるなんて、なんて贅沢なことでしょう☆

何事もあきらめないことが大切





安西先生 スラムダンク
空手を通じて、再認識したことは、何事もあきらめてはいけないということです。
仕事にせよ、家庭にせよ、全て諦めたらそこで試合終了です。

死ぬしかありません。

そんなことは、したくないので、諦めない・もう一歩頑張ろう!という気持ちを持つことができるようになりました(●´ω`●)

スポーツをするには、仲間・環境・指導者が非常に大切であり、スポーツをすることによって、様々な社会対応能力が身につくと思います(^^♪
もちろん、スポーツをしなくてもできる人はいるのでしょうけど( *´艸`)

ということで、空手の当面の目標は、黒帯をまくことです!
もちろん、実力(肉体・精神)がともった黒帯を目指します!

空手道場を選ぶなら

お近くで空手道場を選ぶなら、調べてからにしてください( ^^) _旦~~
僕はたまたま、本当にいい道場に入門することが出来ましたが、道場によっては非常に残念ということが実際にあるそうです。

また、お子さんに空手をさせるならなおさら、調べてあげてください( *´艸`)



こんな記事も読まれています