若獅子會は中村道場を-2017年4月28日追記-しました。

極真会館中村道場が極真会館を脱退!?国際空手道連盟 極真会館 中村道場に

の記事があまりにも、反響が良いので、JFKOについて今一度まとめてみました(^^♪

全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO) ホームページ

【公式】JFKO Facebook

【公式】JFKO Twitter

基本的に、全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO) ホームページからの情報です。

JFKOの目的







全日本フルコンタクト空手道連盟(JFKO)は以下を活動の3本柱としてフルコンタクト空手のオリンピック種目化を目指します。

  1. 競技種目の確立--「フルコンタクト空手」競技種目の確立。
  2. 社会認知の向上--公益社団法人化して日本体育協会(体協)加盟。
  3. 国際的な組織化--「ジャパンモデル」を世界各国で展開。

ようは、フルコンタクト空手をオリンピック競技にして、さらに競技人口を増やしていきたいということです(^^♪

発足・役員







発起人

緑健児(新極真会代表)と渡辺正彦(JKJO=全日本空手審判機構

連盟役員

会長

中谷元(なかたに げん 1957年10月14日)
中谷元
政治家。
元陸上自衛官(二等陸尉、レンジャー)
自由民主党所属の衆議院議員(9期)
防衛庁長官(第67代)、防衛大臣(第14代)、衆議院総務委員長、自由民主党副幹事長(特命担当)、自由民主党高知県連会長等を歴任
参照wiki

理事長

緑健児(みどり けんじ 1962年4月18日)

緑健児

(新極真会)空手家(新極真会八段)
鹿児島県奄美大島出身
NPO法人全世界空手道連盟新極真会代表理事
公益社団法人全日本フルコンタクト空手道連盟理事長

副理事長

芦原英典(あしはら ひでのり)

芦原英典

(芦原会館)空手家
芦原会館創始者・初代館長 芦原 英幸(あしはら ひでゆき、男性、1944年(昭和19年)12月4日 – 1995年(平成7年)4月24日)の実子

渡辺正彦(わたなべ まさひこ)

渡辺正彦

(空手道MAC)
神奈川県横浜市出身。中学3年生で極真会館に入門。2段取得。
師である安田郁雄氏(現・テコンドー安田会館)の独立に伴い「円心塾」に参加。
その後、副代表の石島偉樹、吉原悟支部長らと独立し「空手道MAC」設立。

専務理事

小林功(こばやし・いさお 1954年2月7日)

小林功

(新極真会栃木支部)
栃木県小山市出身
段位 七段

故・大山倍達総裁の内弟子として若獅子寮に入寮。のちに寮長を務める。
卒寮後、故郷である栃木に帰り、その後1978年に栃木支部を開く

理事

魚本剛志

魚本剛志

魚本流空手拳法連盟

佐竹雅昭

佐竹雅昭

総合打撃道 佐竹道場
※リンク先のホームページ内容は無茶苦茶なので、Google検索のほうが良いです。

西山亨

西山亨

芦原会館
※西山亨でググると、2chがトップにでてきます・・・心の目で見るようにしてください。

松井啓悟

松井啓悟

日本空手道男塾

三好一男

三好一男

新極真会高知愛媛支部

事務局長

小井泰三

小井泰三

新極真会東京ベイ港支部

監事

酒井寿和

酒井寿和

桜塾

塚本徳臣

塚本徳臣

新極真会世田谷杉並支部

加盟団体







詳しい加盟団体は JFKO加盟団体を参照ください

・主な加盟団体

JKJO
KWF極真会館
ノーティーカラテアカデミー
フルコンタクトカラテスクール
芦原会館
一光会館
宮崎道場
宮本道場
宮野道場
魚本流空手拳法連盟
仰拳塾
極真会館 浜井派
金剛カラテ
空研塾
空研塾
空手道MAC
拳聖塾
剛道館
桜塾
山田道場
士衛塾
志輝会館
志友会館
志琉会
七集会
真盟会館
若獅子會

社団法人 極真会館
修道会館
淑徳巣鴨空手道部
新極真会
森道場
神谷塾
成心會
星和会館
聖武会館
誠會
静空塾
静空塾
男塾
道真会館
白蓮会館
函館空手スクール
飛心会
武円館
武心会
武心塾
武神 佐藤道場
武立会館
福本会館
北晋寺西道場
無限勇進会
龍士會
空手道

若獅子會は中村道場

-2017年4月28日追記-

さて、この若獅子會ですが、これは、若獅子寮から名前を取ったと言われています。

この若獅子會は実は中村道場の道場生が多数です。

興味ある方は、第6回全世界ウエイト制空手道選手権大会・第4回全日本フルコンタクト空手道選手権大会(JFKO)トーナメント表 新極真のブログのトーナメント表を参考にして、若獅子會の選手名と中村道場の選手名(筆頭指導員など)を照らし合わせてみてください。

では、なぜ中村道場としてではなく、若獅子會として出場することになったのでしょうか?

中村誠のプライドが許さない

そりゃそうですよ・・・ 世界大会2連覇(第2回・第3回オープントーナメント全世界空手道選手権大会)を達成している中村誠です。

緑健児は第5回全世界大会・優勝していますが、実績としては、中村誠のほうが上です。

歳も中村 誠(なかむら まこと、男性、1952年〈昭和27年〉6月20日)で、緑 健児(みどり けんじ、男性、1962年(昭和37年)4月18日)

と10歳違います。

そんななかで、JFKOはフルコン統一大会といっても、発足は新極真がメイン・・・

この中に、中村道場が参入しますでしょうか?

極真分裂時には、大山総裁に「松井を館長とし、支えてほしい」と言われたためしぶしぶだったのかもしれませんが、今回は緑健児に頭を下げて参入するという図式のため、プライドが許さなかったのでしょう。
※2ch参照

若獅子會の参入について緑健児の対応

こころよく、参入を快く受け入れたそうです。

周りは反対したそうですが・・・

私見

緑代表の下につくという図式が本当は嫌かもしれませんが、バラバラになったフルコンを一つにまとめようとして、実際にかなり大きな規模になっているJFKOです。

そんな中に中村道場として入るのがプライドが許さない(真実かわかりませんが)や、周りが若獅子會の参入を反対(これも真実かわかりませんが)するなど、なんか古臭いと思ってしまいます。

統一して、全体で盛り上がっていかなければ、オリンピックの正式競技としてフルコンが認められる日なんてこないと思ってしまいます・・・

その点、緑代表は快く受け入れた(事実か分かりませんが)というのを聞いて、さすがです!と思います。

新極真の道場生としてではなく、いち空手ファンとしては、いざこざなんてどうでもよくて、みんなで切磋琢磨して力を磨いて、フルコン全体が盛り上がれば楽しいのになって思ってしまいます。

JFKO歴代チャンピオン







男子

男子重量級
+85kg
男子軽重量級
-85kg
男子中量級
-75kg
男子軽量級
-65kg
1回 2014年 山本和也
新極真会
東京東支部
山田一仁
新極真会
兵庫中央支部
前田優輝
新極真会
和歌山支部
大石航輝
芦原会館
2回 2015年 山本和也
新極真会
東京東支部
加藤大喜
新極真会
愛知山本道場
前田優輝
新極真会
和歌山支部
岡崎陽孝
新極真会
千葉南支部
3回 2016年 入来建武
新極真会
東京城南川崎支部
前田勝汰
新極真会
和歌山支部
前田優輝
新極真会
和歌山支部
細川昂大
魚本流空手拳法連盟

女子

女子重量級
+60kg
女子軽重量級
-60kg
女子中量級
-55kg
女子軽量級
-50kg
1回 2014年 久保田千尋
久保田道場
木村敬代
渡邊道場
加藤小也香
新極真会
愛知山本道場
菊川結衣
芦原会館
2回 2015年 佐藤弥沙希
新極真会
和歌山支部
木村敬代
渡邊道場
南原朱里
新極真
会福岡支部
菊川結衣
芦原会館
3回 2016年 佐藤弥沙希
新極真会
和歌山支部
荒木千咲
志輝会館
加藤小也香
新極真会
愛知山本道場
菊川結衣
芦原会館

国際空手道連盟 極真会館 中村道場のJFKO加盟は如何に!?







まず、この話をする前に、

極真会館 いわゆる松井派

が、JFKOに加盟しなかった(今後もするつもりがない)ということから話さなければいけない。

分裂騒動で、色々な事があって、中村誠が何とか大山総裁の遺言の通り松井館長を守ったわけだが・・・

松井館長は極真を一つとしてまとめようと、していたと考えられるが、
「うちの極真以外は極真と認めない」

という考えのため他流派との交流試合・加盟などをしてこなかったです。

いっときは、キングオブキョクシンの中村誠やその他多くの功労者のおかげで大きくなった極真ですが、新極真やその他の流派が分かれていってしまいました。

それでも、この松井館長の考え方が変わらず、さらに多くの支部が極真会館 松井派からの脱退を表明してしまいました。

中村道場の脱退で、この脱退の数はさらに加速すると言われています。

極真会館 松井館長のお金の問題

黒澤 浩樹(くろさわ ひろき 聖心館) は元極真会館
黒澤 浩樹
この本の中で黒澤浩樹脱退は生々しい金銭問題と自著に書いてある。

極真会館中村道場が極真会館を脱退!?国際空手道連盟 極真会館 中村道場に

でも、書いたが、かなりお金の問題が見え隠れしています。

考察







中村誠は大山総裁のことを思って、極真を一つにしたいと考えたのではないでしょうか?

で、松井館長ともめてしまい、脱退・・・

世間の噂の通りJFKO加盟が濃厚ということです。

個人的希望

僕自身は、空手のかの字もしらず、空手界に飛び込んだわけです・・・

なんか、いざこざはもういいので、みんなで楽しく切磋琢磨してレベルを高め合える空手の世界になってほしいなと思います・・・

中村道場が正式に参加

2018年追記

国際空手道連盟 極真会館 中村道場
中村昌永
652-0047
兵庫県神戸市兵庫区会下山町2-3-13

http://fullcontact-karate.jp/kinki/

正式に参加となっています。

http://fullcontact-karate.jp/1stkokusai0409/
で第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会トーナメントを確認することができます。

軽重量に亀井元気選手
中量級に小西佑哉選手
などが出場しています。

さてさて面白くなってきましたね!

ただ気になるのが責任者?の名前が中村昌永

中村師範の御子息なのですが、どういうことでしょうか?

気になりますね・・・

こんな記事も読まれています