神戸マラソン



神戸マラソンを見る

今日は、神戸マラソンの日です。

朝起きて、ドラゴンボールスーパー、ワンピースを見てたら、外ががやがやと・・・
ランナーの皆さんが一生懸命走っていらっしゃいました(^^)/

少し近くで見たくて、マンションから降りてコース前まで出てみました。
2016年 神戸マラソン 新長田

みなさん、一生懸命走っていらっしゃってすごく感動しました(^^♪
やはりスポーツはいいなと思います。
ただ、こういう時に目立ちたがり屋で、仮装して走るのは目的がなんなのか?と思ってしまいます。
仮装して、参加することが条件や、仮装して走っても、トップ通過するなどであれば、いいと思うのですが、対して目立ってないのに、中途半端に目立とうとして一生懸命走っている(努力している人)を愚弄しているような気がしてしまいます。

もちろん仮装してても、一生懸命頑張ってきた人、何か僕が考え付かないような理由で仮装している人もいるのでしょうから、あまり批判ばっかりはできませんが・・・僕はそういうの好きじゃないですね”(-“”-)”

あと、スポーツを頑張っている人は分け隔てなくすきですね!
スポーツだけでなく、何かに一生懸命頑張っている人を見ると、尊敬しますし、勇気をもらえます。
それによって、自分も頑張ろうと思います。
※自分にはできない!というのではなく、その人にできて、今自分ができないのは、基本的に自分よりもそのことに関して努力しているからだと考えています(^^♪

なので今日は、スポーツのすることの良さについて書きたいと思います( ..)φメモメモ

スポーツをする良さ

新極真空手を始めた理由でも少し記載しましたが、僕は「スポーツ・身体を動かすことをしないとストレスが溜まってしまいぐちゃぐちゃになってしまう」のです。

水泳・体操・サッカー・バスケ・フットサル・ゴルフ・空手
といろいろなスポーツをしてきました(メジャースポーツで野球はしていない)

スポーツをするのは、昔から好きです。
でも、苦手な人もいると思いますのでスポーツをすることの良さを、個人的見解を含めてお話します。

ストレス発散になる





まず、僕自信もスポーツ・運動をしないと体が「うわー!」ってなってしまい、普段の生活に非常に影響してしまいます・・・
今では空手ですが、運動をすることで、筋肉痛などの肉体的ストレスがでるのも事実ですが、「すっきりしたー」という解放感によって筋肉痛も心地よく感じてしまいます( *´艸`)

で、医学的な見解を調べたところ、

人間は、本能と理性のバランスによって、ストレスを感じるということです。
そして、人の脳で
本能をつかさどっているのは脳幹と大脳辺縁系
理性をつかさどっているのは大脳新皮質

と言われています。

理性で、感情(本能)をコントロールしていますが、この感情を抑え込むことによって、ストレスが溜まっていきます。
現在のストレス社会などという言葉があるように、「我慢・忍耐」によって「感情・本能」を抑えてしまっているためにストレスが溜まってしまうということですね。

なので、たまに運動(体を動かす)ことによって、本能を開放してあげることで、ストレスが解放されるということです。

ただし、人それぞれ年齢・能力によってその人の適切なレベルがあるので、無理をして怪我などをしてしまったら、さらにストレスを抱えてしまうことになるので、運動が苦手な人は、ウォーキングや、プールなどから始めるというように自分に合ったレベルから始めることが大切ということです。

理屈に合っていると思います( *´艸`)

僕も、自分に合わないスポーツをすると逆にストレスになって、辞めてしまったりしました・・・

運動をすることによって、脳内ホルモンが分泌さる





セロトニン:精神の安定や安らぎをもたらしてくれる
βエンドルフィン:モルヒネの1000倍の威力!!
※βエンドルフィンは脳内麻薬と言われていますね!
グラップラー刃牙でも出てきましたw
刃牙

β-エンドルフィンは、オピオイドμ受容体に作用し、モルヒネ様作用を発揮する。ストレスなどの侵害刺激により産生されて鎮痛、鎮静に働く。鎮痛作用はモルヒネの6.5倍の効果があるとされる

このため、スポーツをして、運動することで、ストレスを鎮痛させることによってストレスが解消されるということでうす。

もちろんダイエット効果もある

ライザップ

RIZAPでも有名なように、スポーツをすることによって、カロリー消費しできるため、ダイエット効果になるということです。

でも、カロリー消費以上に食事(カロリー摂取)しては意味がないですよね・・・

たとえば、自分で筋トレ・運動ができる人はこのようなものは必要ないでしょうけど、なかなか自分で運動することができない人のために
「マンツーマントレーニングなのでこれまでダイエットやジム通いが続かなかった人におすすめ」
「トレーナーが作るあなた専用のプログラム」
「無理な食事制限なし。食べられるダイエット」
「健康的に痩せ、理想のカラダを手に入れられる」
「リバウンドしにくい体づくり」
「30日間無条件全額返金保証」
という宣伝で集客しているということです。

で、実際通うこと・高いという場合に

このような商品もあるということですね”(-“”-)”

僕も、欲しいですが、空手で体つくりをしていきます!
自分の年齢・能力を考えて無理せず筋肉量を少しづつ増やしていけばダイエット効果があります。
※でも筋肉は重いので、見た目は細くなっても、体重は変わらないということがあります。
実際僕は、空手をする前は、ぽちゃぽちゃのお腹で、65kgでしたが、空手をして締まってきたのに、体重は65kgのままです・・・
見た目が違うのに、筋肉量を増やすことで、しまった身体になるということですね。

安眠効果がある(自律神経が整う)





よく運動したとき、スッキリしたりすると、ぐっすり寝ることができます。
これは、運動する事で快感ホルモンが分泌されるため、リラックスでき安眠につながるということです。

自律神経失調症の人は、体が重い、疲れ、体調が悪い、という理由だけでなく、心にもゆとりがなくなって「運動する気がおきない」ということが多いそうです。
内臓のはたらきが活発である」=「しっかりと副交感神経になっている」=「体がしっかりと回復モードに切りかわっている」ということ。

「運動で汗をかく」=「体温調整という自律神経のはたらきを高められる」ということ。
運動で体が疲れれば、ご飯もおいしくなり、寝つきもよくなって、眠りも深くなります。
運動は自律神経のはたらきを回復させて、快食、快眠、快便につながるということです。

自律神経失調症の方にお勧めの運動

自律神経失調症の改善には、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、といった「有酸素運動」が勧められています。
勝ち負けをあらそう運動はストレスの原因となってしまうため、自分自身で楽しめる運動が効果的ということです。

あと、調べたところ、ストレッチも非常に大切らしいです。
なので、ヨガってめっちゃ効果あるということなんでしょうね( *´艸`)

たしかに、ヨガをしている人は痩せている(スタイルが良い)人が多い気がします。

美容・デトックス効果

運動をすると人体の内部では血管が拡張し、動脈では不足した酸素や栄養素を運ぶ動きが活発化します。
一方静脈では老廃物を排出させようとする動きが活発化します。
また、汗は運動によって過度に温められた体を冷やすために発せられるものもですが、同時に老廃物を体外へと排出する役割も担っています。

ということは?僕の好きな酸素カプセルもダイエット効果があるということですね!

アンチエイジングに酸素カプセルって、書いてあるのですが本当に効果がありそうです・・・
というか、運動と酸素カプセルとしている僕はちょー健康体なのでしょうw

運動をする目安

年齢・体調などにもよりますが、「きつめの負荷で週3回以上、1回30分以上1時間未満」が理想と言われています。
僕はハードに空手をしていますが、激しくできる人はぜひ一緒に空手しましょう(^^♪

でも、人によってそれぞれなので、運動していない人は、軽めのウォーキングや軽めのストレッチ・軽めのヨガなどから初めてみてはいかがでしょうか?

ジャッキージャッキー

少しですが、調べて思ったことは、やはり!スポーツはいいですね!
なので、今後もスポーツは続けていこうと思います!
目指せ黒帯!





こんな記事も読まれています