Facebook 参加者情報の収集法







アンケートを取る

イベントの内容にもよりますが、タイミングのいいところでアンケートを取ります。アンケートを取るメリットは三つあります。

  1. 名簿替わりになる
    まずは、アンケートでメールアドレスや連絡先などを記入してもらうため、参加者の名簿代わりになります。
  2. アドバイスをもらえる
    次に、アンケート上で今後のコミュニティ運営においてのアドバイスをもらえます。
  3. 告知に使える
    そして、コミュニティの告知に使えるというメリットがあります。

アンケートは参加者の意見や考えを知る大切なツールであり、参加者からのフィードバックを得ることで、イベントの質をあげていくことができます。しかし、書く側にとっては面倒でもあるので、アンケートは1枚にしておきます。

回答数と回答率を高めるために重要なポイントは「アンケート」という言葉は付かないことです。アンケートという言葉を使わずに、「参加者の声」として次回のイベントをより質の高いものにするために「皆様の声を募集しています」と募ると、アンケートの精度を上げることができます。

アンケートの内容

アンケートに記入してもらう内容は、「お名前」「連絡先」「メールアドレス」「感想・意見」が一般的です。また、マーケティング調査として「このイベントのおすすめのポイントは?」などの記入欄を設けると、より有効な資料となります。

また、アンケートの回答から参加者のニーズを分析し、メールアドレスを分類しておけば、ニーズに合ったイベントやビジネスのお誘いを一度に発信できるリストとしても活用できます。

※ただし、個人情報保護法には十分注意してください。

こんな記事も読まれています