Facebook ソーシャルメディアからビジネスに直結させる







ソーシャルメディアにおけるビジネスの流れ

ソーシャルメディアにおけるビジネスでは、まずは商品やサービスに注目してもらう必要があります。そこで興味をもってもらい、商品やサービスのことを認知してもらいます。商品や友人や知人など関係がある人から買いたいと思います。そこで人との関係性を築くためにFacebookを活用します。商品が認知され関係性が築けても、まだビジネスの成約にはいたりません。

成約につながるには信頼性が必要です。商品が信頼されてはじめて、成約へと結びつきます。

注目を集めるための仕掛け

ソーシャルメディアをビジネスにつなげるためには、アイデアを考えて仕掛けていくことが必要です。例えば最初の龍もくの段階では、大企業もいろいろな仕掛けをしています。

飲食店でも、一品でも珍しいものやインパクトがあるものなど、写真を撮りたくなるようなものがあれば、口コミにつながる可能性が高まります。観光地ではよく穴の部分に顔を入れて写真を撮るようなパネルがあります。かつては記念撮影用でしたが、今ではパネルが口コミ投稿用のような役割もあります。投稿したくなるような面白いキャッチコピーを用意するようにしてください。

五感に訴えて注目を集める

このように個人個人がメディアとなった現在、どうしたら写真を撮ってもらえ人の話題に上がるかを考えていくのが、口コミを使ったマーケティングにおいては重要です。

人の注目を集めるために、第一印象でインパクトを与えるような仕掛けを考えることもあります。また、視覚だけではなく、張角、触覚、味覚、嗅覚などの五感に訴えるという方法もあります。これらの方法を自分の商品やサービスに置き換えて、何ができるかを考えてみてください。

動画の効果と活用

文章力(ソーシャルメディアでメディア力、書く力を身につける参照)に加えて聴覚も使う、動画も効果的です。

YouTubeや、Facebookの動画投稿・ライブ配信などを見てもらい、興味を持ち、印象に残すことができれば、ビジネスにつながりやすくなります。動画は、人の表情、身振り手振り、臨場感、音などの演出により、言葉より物事を伝えやすく共感を得やすいです。

たとえば、コミュニティ内のイベントの説明やイベントの状況などを動画で撮影しておくと、どのようなイベントなのかが、動画でわかります。

投稿するときは「4:4:2の法則」で

Facebookで投稿するときは、「いいね!」が減らない投稿法「4:4:2の法則」で紹介した運用をすることで「いいね!」の数も減らさず、多くの人に見てもらえるビジネスにつながる投稿にします。

「いいね!」が減らない投稿法「4:4:2の法則」は「認知」、「関係性」、「信頼」、「成約」へとむずびつくようになっています。

こんな記事も読まれています