Mugen Training

さらなる成長への挑戦
機械学習の最適化による強固な運用基盤の確立

ビジネスの成長と価値のあるインプレッションの拡大

ビジネス目標を解決するビジネスパートナー型へ

ビジネスの目標を意識した新たな取り組みGORIN はさらなるビジネスの成長を目指して Mugen へと進化

概念

効果的、かつ、効率的なビジネス䛾成長へ。
生活者との接触機会を広げつつ、きめ細やかな最適化を実現。

  1. ビジネスの目標を考慮し
  2. 生活者の意図を包括的に捉え
  3. 関連性の高いメッセージで訴求する
背景

日本では、検索広告における機械学習の活用(GORIN) により、効率的な運用基盤が確立されました。
日々、多様化する生活者の意思決定プロセスをより包括的に捉えることで、効果的なビジネスの成長を目指します。

商用的な検索を価値䛾あるインプレッションに

商用的な検索を効率的、かつ、効果的に捉えることがビジネスの成長への鍵

検索広告のオークションに則した 3 つの Excellence

商用的な検索を効率的、かつ、効果的に捉えるには機械学習を包括的に活用

「機械学習 x “運用者の知見” 」による継続的な最適化

入札戦略で効果を担保しつつ、リーチの拡張と広告品質の改善の好循環サイクルを実現
「機械学習 x “運用者の知見” 」による継続的な最適化

ビジネス䛾目標を考慮し

  • “ビジネスの目標を考慮したキャンペーンの目標KPI の見直し”
  • パフォーマンス重視:データドリブンアトリビューション に基づくコンバージョン数やコンバージョン価値の最大化
  • ブランディング重視:目標インプレッション シェアやクリックの最大化

関連性の高いメッセージで訴求

  • “検索語句に基づいて訴求を考慮し各アセット (広告見出し・説明文)を作成”
  • アセットを組み合わせてメッセージを自動的に最適化
  • “指定した条件に応じて特定䛾メッセージをカスタマイズ”

生活者䛾意図を包括的に捉え

  • ランディングページ に関連する商用的な検索へ䛾動的ターゲティング
  • 類義語、誤字、表記䛾ゆれ、関連語句やコンテキストを考慮したターゲティング
  • “定期的に検索語句レポートを確認して、明らかに商用的でないも䛾䛿除外設定”

補足

自動入札䛾用途一覧

目標インプレッションシェア

目的

Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように、自動的に入札単価を設定する自動入札の一つです。

仕様
  • 「目標インプレッション シェア(%)」とは、ユーザーがお客様のキーワードで検索した際に、お客様が選択した検索ページのエリアに広告が表示される頻度を指定するものです。
  • 「上限 CPC による入札の上限」は、各クリックに対して支払う最大額です。
  • ポートフォリオ戦略として複数mpのキャンペーンをグループにまとめて 1 つの戦略を適用も可能です。

クリック数の最大化

目的

設定された1 日の予算内で最大限のクリック数を獲得するための最も簡単な自動入札の一つです。

仕様
  • 「クリック単価の上限(任意)」は、 特に指定しなければ、クリック数を最大化するための入札単価は自動的に設定されます。
  • 「1 日あたりの目標予算」は、特に指定しなければ、この入札戦略を使うキャンペーンの 1 日の予算の残高が目標予算として使われます。
  • ポートフォリオ戦略として複数のキャンペーンをグループにまとめて 1 つの戦略を適用も可能です。

Mugen に共通する最適化案

Mugen に共通する最適化案を活用し効率よく改善を進めることができます

・データドリブン アトリビューション
https://support.google.com/google-ads/answer/6394265?hl=ja
・スクリプト
https://support.google.com/google-ads/answer/188712?hl=ja
・レスポンシブ検索広告(ベータ版)
https://support.google.com/google-ads/answer/7684791?hl=ja
・広告カスタマイザ
https://support.google.com/google-ads/answer/6072565?hl=ja

こんな記事も読まれています