「広告の有用性について」審査判断基準変更

ユーザーにとって有用性の低い、以下のような広告は掲載できなくなります。

  1. 広告主による独自のコンテンツが乏しいもの
  2. アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が多数掲載されているものや、広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの
  3. 正確性・信憑性に欠けるもの
  4. その他、ユーザーにとって有用性の低いもの

適用開始日

 2019年6月3日(月)
 

変更点

一部のサイトを除きアフィリエイトサイトに代表される成果報酬型サイトは、上記基準2の「広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの」に該当するサイトとして、掲載できなくなります。

変更理由

ユーザー保護および広告掲載面の品質向上のため判断基準を変更します。

変更による影響

以下のようなサイトは広告掲載不可となります。
・成果報酬型サイト(アフィリエイトサイトを含む)およびそれと同等と判断したサイト

質問

ジャッキージャッキー

今後アフィリエイトサイトは掲載できなくなるのですか?

Yahoo!Yahoo!

はい、掲載できなくなります。

ジャッキージャッキー

コンテンツを修正するなど、広告を掲載する方法はありますか?

Yahoo!Yahoo!

ありません。
成果報酬型サイト(アフィリエイトサイトを含む)およびそれと同等と判断したサイトについては、サイトの内容に関係なく掲載できません。

ジャッキージャッキー

掲載可能な一部サイトとはどのようなサイトですか?

Yahoo!Yahoo!

弊社が適切であると判断したサイトです。

ジャッキージャッキー

これまで掲載されていたサイトは、6月3日に掲載が停止されますか?

Yahoo!Yahoo!

6月3日より順次掲載を停止してまいります。

感想

ジャッキージャッキー

指名キーワードのCPCが安くなりそうで良かった!でもアフィリエイト広告で儲かっていた人たちは大変ですね・・・ある意味死活問題になるのでは・・・

こんな記事も読まれています