ヨーグルト



突然ですが、今年の初め(冬場) 稽古終わりに空手の先生に

ジャッキージャッキー

僕は風邪をひきやすいのと、風邪をひくと気管支炎になってしまうのです。
体調を整えるには、何かおすすめの方法ありますか?


新極真新極真

私も気管支炎になりやすいので、毎日ヨーグルトを食べてるよ。
ヨーグルトを食べたら風邪をひきにくくなったし、気管支炎にもなりにくくなった。
あとは、口から息を吸うのではなく、鼻から息を吸って、口から息を吐く。これを心掛けること!


ジャッキージャッキー

ヨーグルトですか?


新極真新極真

別にヨーグルトじゃなくても、R-1とかいろいろあるやろ?乳酸菌の入ったいいやつを毎日続けるといいよ!


ジャッキージャッキー

押忍!試してみます!

という流れがあったので、その日から鼻から息を吸って口から息を吐くことを心掛け、ヨーグルトを実食することにしました(^^♪
※一時期本当に意味があるのかな?と思ってヨーグルトを食べない時期が1ヵ月ぐらい続いて、まんまと風邪をひきました・・・
 もちろん気管支炎・咳喘息を発症しました( ;∀;)

で、つづけた結果どうなったかというと・・・確実に風邪が引きにくくなりました。

さらに、花粉症・猫アレルギーがましになりました(^^♪

なので、何故このように改善されるのか調べてみました(*^-^*)

鼻から息を吸うといい理由




鼻と口はそれぞれ役割が違う

呼吸における鼻の役割

鼻腔
画像参照元:フィットネスの勧め

鼻は解剖学では、「呼吸器官」に分類されるそうです。

鼻腔(鼻の穴からの内部空間)には、鼻毛がありますが、鼻毛にはフィルターの役割があって、吸い込んだ空気に含まれる微細なチリやゴミをキャッチしてくれて、吸い込んだ空気を綺麗にしてくれます。
鼻毛フィルターがあるからこそ、鼻で呼吸をすることが大事だと言われるのです。
※これは結構有名ですね!鼻毛フィルターが菌などを含んだゴミを体内に入れないようにしている。

どこかの小学校で鼻から呼吸を推奨したことによって、子供たちが風邪をひく確率が減少したというニュースを過去に見た記憶があります。

呼吸における口の役割

※画像はあまり綺麗なものが無かったので割愛( ;∀;)

口は解剖学では、「消化器官」に分類されるそうです。
勘が鋭い人は、この時点で、口は呼吸に使うものではないということだと分かると思います。

口は、鼻毛のようなフィルター機能が無く、食べ物を分解するための唾液・歯で食べ物を砕くという機能があります。

何故口から息を吐く?

鼻に比べると通り道は広くなるので、空気を吐くのが簡単になるので、口から吐くことが大切と言われています。
でも、口臭が気になる場合は違うケアをしないと周りに迷惑ですねw

奥さん奥さん

あんた口臭いもんな


ジャッキージャッキー

おい!ちゃんと歯磨いとるし、リステリンもしとるわ!だからたぶん大丈夫・・・

鼻と鼻毛フィルター機能のすごさ





さらに鼻には、口にはない特徴があり、その特殊機能とは加温、加湿、ろ過の3つです。

加温機能

空気を温める機能が鼻にはあります。

冬場に口で空気を吸うことは、何故身体(器官)によくないかというと、冷たい空気は器官を冷やしてしまい、乾燥の原因になるためです。

空気が鼻から入るのと、口から入るのでは、鼻に比べて口は通り道が広いので冷たい空気をダイレクトに肺(器官)に入れてしまいます。
なので、鼻から空気を吸うことで、口から吸うことに比べて肺への負担が軽くなるということです。

寒い地域では、口から息を吸うは駄目と記憶しています。
※アラスカ・ロシアなどのくっそ寒い地域で口から大きく息を吸うとダメと教えられたと思います。
(死ぬ?とか中学のときに勉強したような記憶が・・・)

加湿機能

乾燥している空気を鼻から呼吸することで、加湿してくれる機能があります。

なぜ乾いた空気を体内に入れるとダメかというと、乾いた空気が身体に入ると、組織を乾燥させる原因になります。
成人の身体の水分量は約60%ですが、人間は乾燥すると身体にダメージがあります。

※2009年のアクエリアス 松坂大輔選手のアニメーションCMのキャッチコピーで
「人間の体の60%は水分で出来ている。メジャーリーグ松坂大輔投手でも、たった2%の水分を失うだけで、パフォーマンスは約30%低下する。『水より優れた水分補給:アクエリアス』」とありました。

このCMですね(*^-^*)
※もし、体重60キロだとしたら2%は1.2リットルですが・・・1.2リットルの汗をかいたら、そらあかんわ。って感じですがw

話を戻すと、加温機能同様に、加湿する事で肺の負担を減らしてくれます。

冬場になると風邪でもないのに咳が出ることがありますが、これは乾燥した空気が、喉を刺激するために出るということです。

ろ過機能

鼻毛フィルターはろ過機能がすごい!

空気には微細なホコリやチリが含まれているのは周知の事実ですよね。
鼻毛はそんなホコリやチリをキャッチして綺麗な空気を取り込めるようにする、フィルターの役割をしてくれています。

ばい菌がついている、ホコリやチリをダイレクトに口から肺に入れてしまうと、病気(風邪・肺炎など)になりやすいということです。

実際に口から肺に入ってしまったホコリやチリは、身体のその他の機能が時間をかけて処理してくれるので口から息を吸っても風邪をひかないなどはありますが、身体に入る前に処理をできるのであれば、効率よく身体を守ることが出来ます。

つまり、身体に入る前に処理をしたら風邪などの病気にかかりにくくなるということです。
※鼻毛フィルターは、ホコリやチリなどについた細菌だけでなく、ついている花粉などのアレルギー物質もキャッチしてくれます。

鼻から呼吸をするという意識が大切

無意識にしていると、空手の稽古中も良く口から息を吸ってしまいます。
すぐに、病気(風邪)になるわけでは無いですが、日々の生活から意識しておかないと中々しにくいです(*^-^*)

鼻から空気を吸うデメリット




鼻くそが大量に出るようになる!

鼻から空気を吸うようにしてからというもの、鼻くその溜まり具合がすごいです。
空気の汚い場所などに行ったあとに、鼻をかむと真っ黒なようなイメージです。

でも、言いかえれば、口で呼吸をしているとその、ゴミを全部体内に入れているということですよね・・・
背に腹は代えられぬということで、鼻くそぐらいガマンして鼻呼吸を続けるようにします( `ー´)ノ

ダイビングの時に焦る!

そうなんです・・・
鼻から息を吸うことに慣れていたため、ダイビングに行ったときに鼻から空気(酸素)を吸おうとしてしまって、危うく息が出来ずに死にそうになりましたw

ダイビングの時には、エアーを吸う時にはちゃんと口から吸ってくださいね!
というか口からしか吸えませんので、同じような人は少ないでしょうけど・・・

話は変わりますが、ダイビングの免許はないです・・・
取りに行きたくて貯金をしています(*^-^*)
ダイビングクラブ アクアギフト
【アクアギフト】Web限定!ダイビングキャンペーン♪
などのようにダイビングの免許を取りに行く場所が、以外とおおくあります(*^-^*)
関西では和歌山が有名かな?です!(^^)!そのうち奥さんと一緒にとります!

【アクアギフト】は、池袋にあるようです(^^♪

ヨーグルトの効果





ヨーグルトを食べ始めてから、風邪が引きにくくなりました。
で、本当に効果があるのか?と疑って食べるのを、8月ごろにやめたところ・・・
8月下旬ぐらいに風邪をひき、合わせて咳喘息・気管支炎になってしまいましたorz

風邪をひいている期間中・咳喘息・気管支炎の療養中にもヨーグルトは食べていませんでした。

本当にヨーグルトだけが原因か?というのは怪しいですし、確証はありませんがヨーグルトをもう一度食べるようになってからまだ風邪をひいていません。

実際の効果は怪しいところではありますが、ヨーグルトを食べ始めてから風邪をひきにくくなっていることと、4~6月ごろの花粉症も例年と比べて症状が軽く、治ったんちゃうん?ってぐらいでした(^^♪
※花粉症は治らないと言われていますが、諦めません!治ると信じています・・・花粉症なんてこの世からなくなればいいのに・・・

で、ヨーグルトの効果を調べたところ、本当かわかりませんが色々ありました(^^♪

アレルギー改善(便秘改善が鍵)

ヨーグルトを食べるとアレルギーが改善されるそうです。
その理由は、乳酸菌が腸に届いて善玉菌優位の理想的な腸内環境にすることで、体にとって必要とされる細菌の働きを活性化したり、 免疫力を強化するらしいです。

このおかげで、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピーなどの改善も期待出来るということです。
つまり、腸内環境をきれいにすることで、色々な改善にもなるということです。

これは、なんかで見たな・・・
便秘の人は、腸内環境が悪いので、ニキビ・吹き出物・肩こり・肥満などの症状が出やすいとか・・・

結果ヨーグルトでなくても、腸内環境を良くできるもの(薬)などで代用することもできる?ということでしょうか|д゚)

ヨーグルトアレルギーというのもあるらしいのでご注意!

つーか、便秘じゃないけど、年中下痢(汚い・・・)の僕がヨーグルトを食べるようになってから下痢がましになったと思います。
下痢も腸内環境が悪かったからなのでしょう・・・

ということをふまえて腸内環境を整えるのは確かに大切だと身をもって実感しつつあります(^^♪

腸内環境を整えることで、肌荒れ・ニキビなどが改善





まぁ、理解できますよ!(^^)!
確かに、おなかの調子が悪いときとか肌荒れしやすいって言いますもんね。

なので腸内環境を整えると、肌荒れがしにくくなると!
OK!OK!次!

骨強度増進・ストレス解消

これはなんとなく理解できる。というか牛乳を飲むのと同じですよね?
牛乳を飲むとカルシウムが得られる

つまり、骨の強度があがる。

カルシウムは精神安定の効果もあるというのは良くききます。

これも、本当かどうかしりませんが、えらい人達が言っているのが周知されたのでしょうからそうなんでしょうw

筋肉のもととなる

ほんまか?
と思いますが、ヨーグルトにはタンパク質が含まれているからということです。
タンパク質が筋肉になるのは、理解できる(周知の事実)なのでこれもきっとそうなのでしょう。

ちなみに、タンパク質が不足すると

  • 筋肉痛
  • 肌荒れ
  • 髪のパサつき
  • 免疫力の低下

につながると言われています。

生活習慣病の予防

ヨーグルトに含まれるバクテリア菌(プロバイオティクス細菌)の効果のおかげで、悪玉コレステロールが減ることが研究により判明されたらしいです。

プロバイオティクスとは、腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを調整し、人の身体に有益な働きをしてくれる生きた微生物のことです。乳酸菌やビフィズス菌も、プロバイオティクスの一種に含まれます。そんなプロバイオティクスは、ギリシャ語で「生命の益になるもの」を意味する言葉です。「生命の害になるもの」を意味するアンチバイオティクスと対峙するものとして、1989年にイギリスのフラー博士に提唱されたことが誕生のきっかけです。近年、健康の分野で大きな注目を集めており、プロバイオティクスが含まれるヨーグルトや乳製品飲料といった食品も多数販売されています。習慣的にプロバイオティクスを摂取すれば、高い健康効果が期待できるといえます。また、プロバイオティクスは医療の現場でも活用されており、乳糖不耐症や便秘、急性胃炎やクローン病、リウマチ関節炎といった疾患の予防・改善にも効果があるといわれています。 
参照・・・フジッコ

で、悪玉コレステロールは、心臓病など生活習慣病の元になるから、この悪玉コレステロールを減らすことで予防効果があるらしいです(^^♪

脂肪燃焼促進効果

これは怪しい!かなり怪しい!
ヨーグルトは「ビタミンB2」が多く含まれているそうで・・・

そのビタミンB2は、脂肪の代謝を促す効果があり、脂肪の燃焼には不可欠な栄養素だそうな・・・

いやいや、ヨーグルトって脂質かなり多くない?
って思っていたら、脂質を増やしているのは、ヨーグルトを食べるときに入れる砂糖が原因だそうな。
確かに脂質0のヨーグルトって売っていますもんね。

まぁ本当かよくわかりませんが、ハードに空手していたら太らないでしょう( ;∀;)
なので、ここはスルーします。

結論





呼吸は鼻から吸って、口から出すのは、間違いなさそう!
これは、沢山の医者のブログ・文献っぽいのが出てきて、そこから知識を得たので間違いなさそうです。
※Googleで調べても内容の濃さから信用性が高い

ヨーグルトの効果は人によって見解が違う
ヨーグルトの効果を調べると、キュレーションサイト(Naverまとめのようなまとめサイト)などや個人ブログで適当に効果を謳っているものがほとんど。
もしくは、各社の無理やりPRなど・・・

なので、ヨーグルト業界の戦略に近いのでは?という印象w

でも、実際に調子が良くなっているのは事実なので食べ続けようとは思います(●´ω`●)
まぁ、医学的に完璧に証明されているわけではないのかな?なんて印象をうけました。
※僕の調べ不足かもしれませんが・・・

なので、腸内環境だけを整えたい場合は、22種類の乳酸菌を配合!【乙女の乳酸菌】のような、サプリメントでもこと足りるわけですよね・・・

生活習慣・腸内環境を整えたいというのならサプリに頼らない新食習慣・ボタニカルオイルミックスこういう合わせ技のサプリメント?を飲めばいいのでは?

と思ってしまいます。

ヨーグルトアレルギーの人もいるわけですし( ;∀;)

まぁ、僕はヨーグルトでも、R-1でも先生に言われたとおり乳酸菌が入った食材をできるだけ毎日とり続けようと思います(●´ω`●)
※8月にやめてしまった失敗があるからこそ、今後続けていきますw




こんな記事も読まれています