検索エンジンの仕組みを知る|SEO&SEM対策







SEO対策とは?

SEOとは、Search Engine Optimizationの略語です。その対策をSEO対策といいます。WEBサイトの検索順位を上げるための手法や、その手法を使いWEBサイトの無い湯尾を書き換えることを言います。
Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにキーワードを入力すると、それに応じた検索結果が一覧となって表示されます。
SEO対策は、多くの人に会社名やサービス内容を知ってもらえるように、検索結果の上位に自分のサイトを表示させるために行います。
日々、多くの人が利用している検索エンジンの上位に表示されることは、それだけで広告の代わりになります。一度、インターネットに掲載された情報は、長らく表示されるのでお金もかからず広告費の節約にもなります。

SEOには、簡単にできることから高度な知識と技術が必要となるものまで、たくさんの種類があります。
いきなり高度なことから手を付けてしまうと、検索エンジンから違反行為とみなされてしまう場合もあるので、まずは自分にできることからしていきます。

SEMとは?

SEMとは、Search Engine Marketingの略で、検索エンジンの上位に広告を表示するための手法のことをいいまうs。
SEMは、別名検索連動型広告とも称されるように、検索エンジンに入力されたキーワードに関連する広告が掲載されます。
ポータルサイトなどに掲載されているような広告とは違い、興味を持ったユーザーに対して広告を表示させることができます。
また広告掲載料にも違いがあり、月額掲載料金や表示回数に関係なく、クリックされた数だけ料金が発生する、クリック課金型の広告です。

リスティング広告の記事一覧を参照ください

リスティング広告の記事一覧

SEMの別名とその他のマーケティング用語

SEMと同じ意味を持つ用語に

  • 検索連動型広告
  • リスティング広告
  • PPC広告

があります。

SEOやSEMに似ている略語には以下のようなものがあります。

  • LPO(Landin Page Optimaization)
    ランディングページ最適化。ランディングページとは、ユーザーが最初に訪問するWEBページのこと
  • SMO(Social Media Optimization)
    ソーシャルメディア最適化。ブログやSNSからWEBサイトに誘導させるための手法

ソーシャルメディアが与えるSEOの影響

これからのSEO対策には、ユーザーにとって価値のある情報を提供することが求められます。ユーザーにとって価値のある情報とは、ユーザーに評価される情報のことです。
ソーシャルメディアでシェアされているWEBページは、ユーザーからの評価が高く、良質なコンテンツを持っている可能性が高いです。しかしシェアする理由は必ずしも支持されているわけではなく、批判・中傷の的になっている場合もありますし、Bot(ボット)での更新などもあるため、ソーシャルメディアでのシェアをどのように検索結果と結びつけるかについては、各検索エンジンも手探りな状態と言わざるを得ません。
※ここ数年ずっとです。

このようにWEBサイトと直接的な官益にはならなくとも、評価の評価の判断基準として取り入れられるメディアが今後も出てくることが予想されるとともに、ソーシャルメディアの影響は無視できないのが実情です。

SEOとSEMの関係

WEBページをビジネスツールとしたマーケティングの手法はたくさんありますが、その中でもSEOとSEMは共に、検索キーワードを活用した方法であるという共通点があります。
その一方で費用と時間については違いがあり、お互いに持つデメリットを補える関係があります。
SEO/SEMの長所と短所
項目 SEO SEM
費用 費用が発生しない クリックごとに費用が発生
時間 評価されるまで時間がかかる すぐに運用開始可能
SEOは、実装するための費用は発生しませんが効果を得られるまでに数か月(失敗すると評価を得られない)要します。
SEMは、すぐに広告掲載を開始できますが、費用が発生します。

それぞれ長所と短所があり、基本的にはお互いを組み合わせて対策を練るのが効果的です。ただし、やみくもに導入すればいいというものではなく、WEBサイトのコンテンツ内容やターゲットとなるユーザーの視点などの要素から戦略をたてて実行する必要があります。

SEM=検索連動型広告

SEMという言葉は、検索エンジンをマーケティングに活用する手法全般を指す場合にも用いられます。この意味においてはSEOもSEMの一部ということになります。しかし、今後たくさんのWEBマーケティング手法が登場することが考えられるので、SEM=検索連動型広告という意味で理解をしておいたほうがすみわけができてよいでしょう。

SEOとSEMの心得

実際にSEOとSEMを行う前に、まずはWEBサイトの目的を知ることが必要です。目的を知らないと、適切なキーワードを判断することができません。
WEBサイトでどのような情報を発信し、どうなりたいかを再認識することで、ユーザーにも分かりやすいWEBサイトを運営できるようになります。

SEO/SEMを行う目的は、どのような業種においてもWEBサイトに沢山の人を呼びこむことになります。しかし、WEBサイトの最終目標は訪問者を増やすことではなく、WEBサイトで集客した後に目標となる行動=コンバージョンです。

コンバージョン=目標達成へのステップ

品質管理を示した言葉にPDCAサイクルがあります。

PDCAサイクルとは、

  1. Plan(計画)

  2. Do(実行)

  3. Check(評価)

  4. Action(改善)

の頭文字を略したもので、多様な業界で使われるビジネス用語です。

PDCA細工は、上記画像の順番で実施されるのが理想です。

PCDAをWEBサイトに置き換えると

Plan(計画) サイトの企画、運営戦略
Do(実行) デザイン、文言作成、プログラミング、SEO/SEM
Check(評価) アクセス解析、ユーザビリティ検証
Action(改善) より良いサイトへと改善

WEBサイトの目標を決める際や、WEBサイトが思った方向に進んでいないときにはPDCAサイクルがきちんと回っているかを確認してみる必要があります。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています