検索エンジンの仕組みを知る|SEO対策







検索キーワードとは

インターネットの利用者は検索エンジンで何かを調べるときには必ずキーワードを入力します。ユーザーは自分が知りたいことについて直感的にキーワードを選んで入力するので、必ずしもサイトの管理者が意図するキーワードを入力するとは限りません。ユーザーは検索結果が求める情報と一致しないときには、すぐに他のキーワードを使って検索しなおします。ユーザーにとって検索キーワードとは今すぐ知りたい情報そのものなのです。
一方で、SEO対策をするサイトの管理者にとって、検索キーワードとはWEBサイトの目的を表す言葉となります。
自身のビジネスの目的やサービスを分かりやすく伝えることで、検索エンジンは自身のサイトの内容を正しく理解します。ユーザーが検索するキーワードと、自身のWEBサイトのキーワードが一致していれば、検索エンジンは自身のWEBサイトを検索結果の上位に表示してくれます。

サイトの管理者は、ユーザーが入力するキーワードを顧客のニーズとしてとらえ、検索エンジンとユーザーの療法が好むキーワードを選んでSEO対策をすることが必要です。

キーワードの選び方

SEO対策を行う上で最も重要と言っても過言てないのがキーワードの選定です。

キーワードは自身のサイトの目的を検索エンジンに分かりやすく伝えるものであり、検索エンジンを使って情報を得ようとするユーザーにとってはサイトを訪問するきっかけになります。
しかし、いくら正しく伝えるためとはいえ、専門用語を羅列したり、ユーザーにとって需要の無いキーワードでSEO対策をしても、誰にも見つけてもらえずユーザーからの訪問を遠のかせてしまいます。
また、インターネット上に自分と同じようなサービスのサイトが既にたくさんある場合には、競合となるサイトが使用しているキーワードでSEO対策しても成果はなかなか得にくいです。
競合サイトが多いかどうかは、検索結果の上部に表示される数字で知ることができます。
例えば、極真で検索するとどのぐらいの競合サイトがあるか調べてみます。

約 9,650,000 件と表示されています。つまり競合サイト(ページを含む)が約960万件あるということです。

極真というキーワードで検索上位は、極真の公式サイトが上位にくるので、極真のキーワードでのSEO対策は非常に難しいと考えられます。

効果的なキーワード

極真というキーワードで検索した結果数が分かりましたが、このキーワードの検索結果は、

画像の通り、

  1. 極真会館公式サイト
  2. 極真会館 – Wikipedia
  3. 極真会館中村道場
  4. 西岡道場 国際空手道連盟 極真会館 世界総極真

のように続いて表示されます。

これは、多くのユーザーが極真で調べた場合には、上記サイトに訪問していることと、上位表示されているサイトが極真というキーワードのSEO対策が非常に優良であることがわかります。

このような場合、自身が極真のオフィシャルサイトと勝負するのは先ほど記載した通り、至難の業です。極真と検索ユーザーが調べたい目的のサイトが表示されていなかった場合、次にとる行動は、関連用語を追加して検索をしなおします。

例えば、極真 脱退で検索するユーザーは、極真を脱退したいのか、脱退した人を調べたいのか、脱退に関する情報を集めています。

競合サイトは非常に減りましたが、目的としているユーザーの目に止まりやすい関連キーワードでのSEO対策で当ブログが上位2カ所に表示されています。このように、極真というキーワードだけで上位表示させることは、サイト管理者にとっては非常に難易度が高いうえに、関連する内容を調べていないユーザーにとっては満足度を得られないため、別の補完する言葉が必要だということです。
また、補完する言葉を追加することで、関連性のないサイトが古い落とされ、競合性が低くなり検索結果の上位に表示されやすくなります。

このように、単一のキーワードで競合性の高いキーワードをビッグキーワードと呼び、ビッグキーワードを目的の情報に絞り込むために使用する補完的な役割を持ったキーワードをミドルキーワードスモールキーワードと呼びます。

キーワードの種類

ビッグキーワードは、月間検索数が数万を超えるような誰もが使うキーワードであり、一つの意味を総称するような場合に使用します。
さまざまな業種の主要キーワードであるビッグキーワードは、大手メーカーやポータルサイトのような大規模なWEBサイトが上位表示されやすく、個人が経営しているWEBサイトや、新規参入する企業が上位表示させるのは至難の業です。

また、一つのビッグキーワードのみを頼りに訪問者を集めていると、検索エンジンの仕組みを知るで説明したペンギンアップデートパンダアップデートといった検索エンジンの大幅な改善があった場合に、順位が乱れアクセス数が激減してしまう場合があります。自分のサイトが違反行為をしていなくても、他のサイトの影響をうけてしまい順位が急落することはよくあります。
ビッグキーワードの大きな変動があった場合に自分のサイトの訪問数を落とさないたまにも、補完の役割を果たすミドルキーワードやスモールキーワードといったキーワード対策が必要です。

WEBサイトとキーワード

ビッグキーワードはWEBサイトのタイトルや記事の紹介文に使うと効果的です。
サイト名に枕詞としてビッグキーワードを埋め込むことでサービス内容が分かりやすく、ブランディング効果も期待できます。
※当ブログ名は、欲張りすぎて何がなんだかわからないサイト名になってしまっています。実は欲張りすぎるのもよくありません。ご注意くださいwこのブログは趣味でやっているので別にいいんですよw
しかし、いくらユーザーに好まれやすいキーワードを入れ込んだからといって、WEBサイトの中身と一致していなければ検索結果の上位表示は難しいです。
WEBサイトのタイトルに極真というキーワードを設置していても、中身が海外旅行ばかりの内容だと、訪問者は混乱してしまいます。WEBサイトとキーワードがマッチングしていないことで混乱するのは検索ロボットも同じです。検索ロボットは、WEBサイトのタイトルと、サイトに書かれている記事の内容を解析して、より良いコンテンツを持ったWEBサイトを検索結果の上位に表示します。

キーワードを使い分ける

ビッグキーワードにも特性があり、キーワードそのものが目的である場合と、そのまま使用したのでは効果が得られない場合のキーワードがあります。
例えば、

  • 求人
  • 転職
  • エステ

といったビッグキーワードは、キーワードそのものがユーザーの目的となっています。

一方、

  • 会社
  • デザイン
  • 健康

といったビッグキーワードでは、ユーザーがそれぞれのキーワードに付随する、どの情報を調べたいのか目的が定かではありません。会社というビッグキーワードを使って情報収集しているユーザーは、会社という言葉の定義が知りたいのか、それとも大企業の会社を調べたいのか、第三者が予測を立てることができません。仮に求人サイトを運営しているサイトの管理者が、このような曖昧なビッグキーワードでSEO対策することは非効率です。なぜなら、会社というビッグキーワードで検索しているユーザーは、求人サイトを探しているユーザーではないためです。

このように、SEO対策をする際には、ユーザーが目的の情報を検索するとき、どのようなキーワードで検索するか、ユーザーの立場に立って考えることが必要であり、ビッグキーワードにばかり目を向けるのではなく、キーワードの種類を使い分けるようにしてください。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています