キーワードの類語を探す|SEO対策







類語のパターンを把握する

検索エンジンでキーワードを入力する際には、さまざまな単語を使って検索を行います。SEO対策を行う際には、必ず類語を視野に入れて、コンテンツないで使用するようにします。よくある類語のパターンとしては以下のようなものがあります。

類語の代表的パターン
同義語 効果と効能
日本語と外来語 紅茶とティー
一般名詞と固有名詞 ツナとシーチキン
略称と正式名称 スマホとスマートフォン
通称と正式名称 関西空港と関西国際空港
新名称と旧名称 ソフトバンクホークスとダイエーホークス

類語の使用回数にも注意

ビッグキーワードを選定したら、キーワードツールで類語の検索数を確認します。検索数が多い類語をコンテンツ内の文章に取り入れることで、アクセス数を増やすことができます。ただし、類語の使用回数がビッグキーワードの使用回数より上回ると、検索エンジンは類語をそのサイトないでのビッグキーワードの位置づけのように判断してしまうので注意してください。

類語の探し方

類語は、検索エンジンで ○○ 類語と検索するだけで探すことができます。

類語辞典 シソーラス

などが有名です。

検索エンジンは、WEBサイトのタイトルに記述されたビッグキーワード以外に、関連する用語が多様されているかについても判断します。ビッグキーワードだけでSEO対策しようとせず、類語を取り入れて、キーワード密度を高めることも必要です。

キーワード密度とは

1ページにおけるキーワードの割合のことです。
キーワード密度は、高ければよいというわけでなく全体の文字数とのバランスが大切です。
たとえば、コーヒーショップのサイトでは、1ページの中にコーヒーというビッグキーワード以外にカフェオレ、エスプレッソ、豆、ミルクといった関連キーワードを多用することで、コーヒーショップであることが用意に判断できます。

このように、WEBページ内におけるキーワードの設置方法によって、検索エンジンを惑わせることなくWEBサイトの目的へと導く工夫が必要です。

AND検索

AND検索とは、言葉を知らなくてもほとんどの人が行っている検索方法です。例えば、と検索するのではなく、犬 飼育方法犬 餌などビッグキーワードに類語や複合キーワードを追加して検索した場合、全ての文字列に一致した検索結果を表示させることをいいます。

ミドルキーワードが絞り込み検索であるのに対し、AND検索は入力した文字列のうち、1ワードにさえ該当していれば、検索結果に表示できます。ビッグキーワードでしか検索を行わないユーザーをターゲットとした場合、WEBサイトにAND検索を想定したキーワードを埋め込むことが有利に働きます。コンテンツ内にはビッグキーワードやスモールキーワードに限らず、類語キーワードを追加して取りこぼしを防ぐようにします。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています