特有の用語を集める|SEO対策







専門用語と商品名に注目

特定の業種や商品だけに使われている専門用語は、SEO対策において、とても有力なキーワードです。一般的によく使われるビッグキーワードと比べて、限定された少数の人たちの中だけで交わされる専門用語は、競合が少ないうえに、ユーザーの関心はある程度絞り込まれていることがうかがえます。
とくに、商品名は積極的に取り入れるようにします。他にも、商品の色、バージョン、製造年月日は、具体的に購入を検討している可能性が高いと言えます。ただし、必ずしも商品名を正確に覚えているとは限らないので、類語やあいまいけな検索にも対応できるように対策を練る必要があります。
英数字のアルファベットであれば、英字とカタカナの両方でSEO対策するのもポイントの一つです。ですが、大文字・小文字での区別は現在のアルゴリズムでは同じものと判別してくれるのでさほど気にしなくてもいいです。

また、他社と同じ商品を扱うオンラインショップの場合は、商品名(タイトル)などに

  • 送料無料
  • 激安
  • 格安
  • 最安値
  • 即日発送

などといったミドルワードを付け足すことで、ユーザーからの関心を集めることも可能です。ですが、やりすぎはよくありません。タイトルが長すぎて、何がいいたいのかわからなくなってしまうことがあります。楽天などで、商品名にミドルキーワードがたくさん入っているのは、関心を集めるための対応をしているということです。

品番やスペックを盛り込む

商品には商品名のほかに型番(品番)が付けられていることがあります。型番で検索しているユーザーは、特定の商品に関する情報を探していて、他のショップよりも販売価格や送料が安ければ、すぐに購入に至る場合が多いです。このように見込み客を確保するためにも、<title></title>のタグには商品名の他に型番を付加するなどして、効率よく顧客を増やすように心がけます。

他に、スペックや、オプションも有力なキーワードとなります。具体的な商品を決めていなくても、希望するスペックが搭載された商品であれば、最終決定の候補として挙げられます。
また、すでに商品を購入した人が、付属品や消耗パーツを探している場合もあります。これらは本体を購入した店舗に再度訪問して購入する場合が考えられます。リピーターを増やすためにも、付属品の交換や消耗パーツについてもテキストで表記しておきます。

旧モデルの品番にも注意する

低価格で購入したいと考えるユーザーは、最新モデルよりも、旧モデルの商品を探す場合があります。最新モデルだけではなく、旧モデルについてもSEO対策しておくことが大切です。

品番を盛り込むことで検索エンジンのご判断を回避する

商品に対して関心が強いユーザーほど、商品名で検索します。WEBページのタイトルには、必ず商品名を追加するようにします。

また、オンラインショップなどの似たような商品が並んでいるWEBページの場合、検索ロボットがコンテンツの違いを判断できず、複数の異なる商品ページを同一の商品ページとご判断してしまうことがあります。もし、実際には違う商品であるにも関わらず、同一ページと見なされてしまった場合には、該当するWEBページは検索結果に掲載されなくなってしまいます。検索エンジンに誤った判断をされないためにも、WEBページの<title></title>のタグには商品名や品番を記述しておくほうが良いでしょう。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています