潜在意識を狙ったキーワード対策|SEO対策







潜在顧客を意識したキーワード選定

インターネットで情報を発信する最大のメリットは、これまで顧客になりえなかった新規顧客を取り込むチャンスがあるということです。
SEO対策は、自身のWEBサイトや広告を見て、この先、顧客になりそうな可能性がある潜在顧客を集める方法として有効とされていて、現在では多くの企業がSEO対策を施しています。
例えば、休日に漠然と映画を観に行きたいと思うユーザーがいたとします。その時点では、まだ具体的にどの映画が、どこで、どのようなジャンルが放映しているかの情報を持っておらず、意識決定がなされていません。そこで、ユーザーはインターネットを使い、次の休日にどのような映画が放映しているかの検索をします。
そのとき、検索結果の上位に放映中の映画情報が掲載していれば、ユーザーからのアクセスを得ることができます。そして、内容に興味を抱き、地域や料金などの条件が一致していれば、オンラインストアからチケットを購入・予約・行動したりします。このWEBサイトはSEO対策によってコンバージョンを獲得したことになります。さらに、実際に映画館へ行き、映画の内容はもとい、映画館の雰囲気を気に入ってもらうことで、友人にすすめたり、映画をみるときはこの映画館で見ようというリピーターになったりもします。

このように、キーワード検索した時点では直接的に興味を持っていない場合でも、集客という幅広い観点から見れば、顧客を開拓できる機会が生まれます。インターネット上には、そのようなユーザー層を効率的に集める事で収益の増大に繋がる事から、潜在顧客をターゲットとしたマーケティングが注目されています。SEO対策は、まさに潜在顧客を集めるために有効な対策です。

検索オプション機能

Googleには、通常の検索結果以外にも、ユーザーが独自の検索結果をカスタマイズして表示する方法があります。検索結果は、ユーザーの条件がある程度絞り込まれていて、通常の検索結果に比べて表示されるWEBページの数が少ないのが特徴です。
カスタマイズして検索する方法は、設定の検索オプションから設定します。

検索オプションでは、設定期間内にアップロードされたWEBページを確認することだできます。WEBページを掲載する前に期間設定をして、これからSEO対策をしようとしているミドルキーワードを検索することで競合サイトを見つけることができます。

また、競合サイトが多数存在している場合は、それらの競合サイトがどのようなキーワードでSEO対策をしているかを調べることで、後発優位のマーケティングを行うことができます。後発優位のマーケティングでは、既にサービスが開始されている競合サイトに対するユーザーの関心を分析して同じようなアプローチ方法をとることで、効率よく顧客を獲得することができます。さらに、競合サイトと違った視点からアプローチすることで差別化したり、すでに展開されている現状のサービスを参考にした改良版のサービスを提供することも可能です。ユーザーからの口コミを見てオプションを追加したり、価格帯を下げてサービスを開始することができます。

あいまい検索で新規顧客を獲得する

ユーザーはカスタマイズ検索、検索オプション検索以外にも、検索結果を目的の情報に近づけるために様々な工夫をしています。あいまい検索は、無意識レベルでよく使われている検索方法で、より多くの検索結果数を表示させるときに使われます。
あいまい検索とは、検索キーワードと完全に一致しない場合でも、WEBサイト内で近しい文字列を使用しているWEBページを検索結果に出力させる機能のことをいいます。検索エンジンによっては、WEBサイト全体の文書から該当のWEBページを表示させることができるので、<title></title>タグに検索キーワードが含まれていないWEBサイトでも上位に表示されることがあります。例えば展覧会というキーワードで検索したときに、検索結果に上位表示されたWEBサイトの中には<title></title>のタグに展覧会という文字列が含まれておらず、美術展や博覧会と書かれているWEBサイトを見かけることがあります。これらのWEBサイトは<title></title>のタグに展覧会というキーワードを使用していなくても、WEBサイトのコンテンツの中にその表記が多く含まれているために検索結果の上位に表示されています。
あいまい検索を使用するユーザーは、ミドルキーワードやスモールキーワードで検索するユーザーとは違い、目的の情報が定まっていない可能性が高いユーザーであるため、多くの場合は新規顧客の候補となります。

このように、新規顧客開拓を目標とするSEO対策において、ユーザーが行うあいまい検索を想定したキーワードを選定することは非常に重要であり、潜在顧客の獲得にもつながります。

コンテンツを有効活用する

Googlebotは、<title></title>のタグだけでなく、コンテンツ内の文章も解析してデータベースに登録します。コンテンツ量・コンテンツ内容を有効活用し、文章内にキーワードを盛り込むことで、カスタマイズ検索や検索オプション、あいまい検索を利用しているユーザーを取り込むようにします。ただし、キーワードの入れ過ぎ、不自然な内容は絶対にダメです。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています