セグメントを意識したキーワード選定|SEO対策







ブランドサイトによくあるスパム行為

ブランドサイトの制作者にとってSEO対策は最大の悩みと言えます。ブランディングを考えたWEBサイトの場合、見た目の美しさを重視したデザインをつくりがちです。デザインにこだわるあまり、やむをえずW3Cに準拠しないコーディングをせざるを得ないことも考えられます。この場合のブランドサイトとは、ファッション、音楽・動画配信、カルチャーに属する、WEBサイトのデザインにこだわりを持たなければならないWEBサイトのことをいいます。テキストリンガ重要であるSEO対策は、画像や写真を多用しなければならないブランドサイトにとって、実行するのが難しいです。そこで、ブランドサイトによくあるスパム行為を紹介します。スパム行為には十分気を付けてください。

タイニーフォント

タイニーフォントとは、小さな文字をWEBページに組み込んでキーワードの出現率を上げるSEOスパムの一種です。

フォントサイズが1px程度の小さな文字をWEBページに仕込むことを言いますが、6pxでもスパムと判断されてしまうことがあります。小さなフォントを使うと見た目はきれいに見えますが、小さすぎると検索上位にランクされなくなってしまう可能性があります。

テキストが少なすぎる

画像や写真ばかり使っていると、検索ロボットがテキストリンクを追えずにサイトの目的を把握することができません。検索エンジンにインデックスはされますが、検索キーワードで上位表示させるのは難しいです。

背景色と同色テキスト

ブランドサイトでありがちですが、黒色の背景に濃いグレー色のテキストを書き込んでいるデザインなどです。本来このスパムは白色の背景に同色である白色をわざと書き込んでいるWEBサイトが該当しますが、スパム行為をするつもりがなくてもWEBサイトが注意を受ける場合があります。

Flashで制作されたWEBサイト

Flashのみで制作されたWEBサイトは最近は減りましたが、メインフレームをXHTMLで作成し、<div></div>タグに設置したJavascriptからFlashムービーを読み込んでいるサイトをまだ、見かけます。Flashコンテンツを作成するテクニックとして、Flashムービー内のActionScriptにHTML記述をして、メインフレームのXHTMLに設置されたリンクへ命令を受けわたしする方法があります。ActionScriptにHTMLとの情報の受け渡しを書き込むことは合法ですが、検索ロボットは、メインフレームのXHTMLからリンクをたどり、Flashムービー内の入れ子状態になったリンクボタンを呼び出すのは不可能です。これはFlashのインターフェースが持つ特性なので仕方ありません。

というよりも、今のサイトでFlashを使うこと自体ナンセンスなので、Flashでサイトを作成するのはやめましょう。

パフォーマンスの低下

画像を多用しすぎると、WEBサイトパフォーマンスが低下します。2009年まではWEBサイトの読み込み速度は検索順位に影響を与えませんでしたが、2010年以降にはランキングに影響を与える評価基準に加わりました。

当ブログはかなり読み込み速度が遅いと思います。すいません・・・ですが、見て頂いているように検索でたどり着いたということはそれなりに、上位表示されているということです。つまり読み込み速度は非常に重要ですが、最重要ではないということです。最重要SEO対策は、コンテンツ量・コンテンツ内の文章量、オリジナルコンテンツつまり、ユーザーが求めている内容かどうか?というのが最重要です。

スピード低下の要因

Javascriptに不具合が生じているときは、WEBページの読み込みが遅延します。スピードが著しく低下した場合は、Javascriptが正常に稼働しているか確認してください。

また、多少のスコア低下は、致命的なスパム行為でない限り、検索エンジンにもインデックスされ、WEBマスターツールにもエラーとして表示されません。W3C、WEBサイトパフォーマンス共に、スコアが低いからといって必ず修正しなければいけないわけではありません。

基本的にワードプレスで構築されたサイトはHTMLで作られたサイトと比べ遅いです。その理由はJavascriptなどのさまざまなプラグインを利用しているからです。
※その他にもたくさんありますが、大きな理由の一つです。

さらに、無料でサイト作成できるようなツールは、より遅いことと、SEO対策もしにくいためおすすめできません。ワードプレスがSEO対策に良い理由はいくつかありますが、サイト構造が非常に優れていて、SEO対策の最重要内容である、コンテンツ量を増やしやすいところにあるからです。無料作成サイトツールなどは、自由性もなく、Javascriptなどが無駄にたくさん入っているためSEOは期待できないことを知っておいてください。

インデックスとは

SEO対策におけるインデックスとは、検索ロボットのデータベースに登録されることを言います。別の呼び方ではインデクシングともいいます。検索エンジンには、インデックス更新と呼ばれるものがあり、検索ロボットの俳諧により日々蓄積され続ける膨大な量のデータを、その時期に最新の情報に反映させることをいいます。インデックス更新時期に近づくと検索エンジン順位が大きく変動し、更新作業は2~3日で終了します。更新のタイミングは検索エンジンによってことなります。

セグメントを意識したキーワード

セグメントとは、共通点を持つ人々を特定のジャンルで括った状態を指します。また、共通のニーズを持つ消費者を表すときにも使われる用語です。セグメントを設定することで、同じニーズを持つ人々の反応を分析し、効果的なマーケティング活動を行うことができます。

例えば、休日の繁華街には多くの若者が集まります。目的はショッピングや好きなアーティストのライブなどである場合、そこに不動産の広告を出しても収益効果は期待しにくいです。反対に、学生でも可能なアルバイト情報や、アーティストの新曲告知の宣伝カーを走らせることで、若者の関心を集めることができます。このように、ユーザーのセグメントに合った訴求をすることで、効率的なアプローチを行い、コンバージョンを獲得することが可能です。

このマーケティングはSEOにも、リスティング広告にも応用することができます。自社のサービスはどのようなユーザーに需要があるかを創造し、ターゲットとなるセグメントがどのようなキーワードに惹かれるかを分析することで、顧客の新規開拓や、自社サービスが持つ新たな課題を発見することもできます。

サービスに合ったセグメントを見つける

サービスに合ったセグメントを発見するには、提供する商品のニーズや使用パターンの他に、セグメント対象者の購買行動、心理などを分析します。また、想像したセグメントが顧客になった場合の魅力度についても考えなければなりません。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています