SEOについて知る|SEO対策







SEOについて

SEOは検索エンジンに依存していると捉えてください。そのため実施したからといって翌日すぐに効果が出るわけではなく、検索ロボットが自分のWEBサイトの情報を正しく認識し、検索エンジンに反映されるまでの期間が必要となります。その期間は場合・方法によってことなりますが、一般的な企業や個人で立ち上げたWEBサイトの場合は、およそ1~3ヵ月程度を目安にしてください。
SEO対策を実施するにあたって、まずは内部施策でWEBサイトをきちんと整えてから外部施策を実施するのが一般的です。内部施策だけでもかなりのSEO効果は得られますが、さらに上位にする・競合が多いキーワードの場合は外部施策を行わないと上位表示されないときもあります。

また、SEO対策は一度やって効果が得られないからといってあきらめる必要はありません。何度もやり直し修正ができるので、長期的に自分のWEBサイトを育てていくことが可能です。

自分で判断できる知識を身に付ける

最近ではSEO対策を売りにした悪徳業者も増えています。そのような業者にだまされないためにも、SEO対策についての知識を得て、経験を身に付けておいてください。

WEBサイトを見直すことも大切

SEO対策は新規に立ち上げたWEBサイトと既に持っているWEBサイトの両方で実施可能です。ただし、自己流で開設したWEBサイトの場合は、検索エンジンに好まれやすい適切なサイト構造で作られていないことも考えられます。いくら内部施策をやっても効果が得られないということがあれば、一度WEBサイトの構造を見直すことをおすすめします。

ドメイン年数の重要性

SEO対策にはドメインの使用年数も重要な判断基準の一つです。使用年数が長いほどSEO対策にとって有利になるので、同じドメインを長期間利用することでSEO対策に強いWEBサイトへと育てていくことができます。数年前に自己流で作成したけど上位表示できないからといってドメインを解約してしまわずに、サイトをリニューアルしてみるなどして根気よく続けることが大切です。

内部施策とは?

内部施策は、WEBサイトを作成するときに記述するHTMLを編集して行います。
HTMLを編集するには、メモ帳やテキストファイルで開くか、Adobeが提供するドリームウィーバーなどの専用ソフトを使用して行います。

内部施策では、HTMLのタグにキーワードを追加したり、HTMLの記述を正しく修正して、検索エンジンに好まれる記述方法に変えていきます。
また、ページ構成やディレクトリ構造を考えるのも内部施策に含まれます。

外部施策とは?

外部施策とは、複数のWEBサイトから自分のWEBサイトへのリンクを集めることをいいます。他のWEBサイトからリンクしてもらうには、既にURLを持っていなければいけないので、WEBサイト開設後に行います。
なかには、ドメインによってSEOがよい・悪いと言われていますが、関係ありません。当サイトのドメインはjucky.redです。意味不明です。.redってなんじゃ?って感じです。ですがさまざまなキーワードで上位表示されています。ドメインは気にしなくても大丈夫です。でもできれば覚えてもらいやすいドメインにしたほうがいいかも?ってぐらいです。
外部施策は内部施策に比べて専門性が高く、初めてWEBサイトを作る人にとっては難しく感じることもあると思います。そのため外部のSEO業者に依頼するのも一つの手ですが、基本的に外部のSEO業者なんて、何もできない業者がほとんどです。今のSEO対策は外部施策よりも、内部施策を強化するほうが有効です。考えてもみてください。Googleの理念でもユーザーが求める最善の情報を提供する。ということから、外部施策(SEO業者の小手先だけの対策、被リンクを購入したりするなどの金で解決できるような対策)は理念から外れています。そんなものは二の次、三の次です。

無駄な費用を外部のSEO業者に払わないためにも、SEOについて知識をもっておくのは重要です。

ですが、被リンクが重要なのも事実です。その理由は、良いコンテンツ、良い情報を提供しているWEBサイトは、紹介したくなるものです。このようにいかがわしくない、正当な外部施策が大切です。

WEBサイトを上位表示させるには

内部施策と外部施策はどちらが重要かつ効果的かというと、90%の割合で内部施策が重要です。外部施策もある程度重要ですが、それはWEBサイト開設時に、ある程度SEO対策を見越して設計されたWEBサイトであり、検索エンジンにとって分かりやすいHTMLの記述方法になっている場合に限られます。

内部施策をまったくしないで、外部施策だけに注力しても効果を得られないどころか、検索ロボットに不審なサイトとして認識されてしまい、かえって順位を落としてしまうことになります。

まずは小規模なSEO対策からはじめる

地域密着型の店舗は

  • 整骨院
  • 美容室
  • 中古車

といった競合性の高い業種であっても、ミドルキーワードに地域名を追加することで、内部施策だけでも検索上位に表示されやすく有利な点があります。

まずは近場の駅名などをミドルキーワードに使用して、コンテンツが増えてきたらより広範囲な地域名などを追加していくのが良いです。

検索ロボットにとって理解しやすいのはテキスト

検索エンジンにはキーワード以外にもイメージ検索機能(Googleの画像検索など)があり、キーワードを入力して画像や写真を探すこともできます。ですが、検索ロボットが画像の内容を完全に理解するのはまだまだ難しく、SEO対策においては活用するのはまだまだ難しいです。

正しく読みやすいテキストを心掛ける

検索エンジンはアメリカを中心に開発されていて、それを世界中のさまざまな言語に合わせて改良しています。日本語が英語と大きく違う点として、単語と単語の間を空白で区切らないことが挙げられます。そのため検索ロボットが日本語を解析するためには、いったん文章を単語レベルに切り分ける必要があります。

WEBサイトにテキスト入力する際は、以下の点に気を付けてください。

  1. 誤字・脱字はさける
  2. ひとつの文が長すぎないようにする
  3. 句読点を正しく使う
  4. 感じとかなのバランスを適度に保つ

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています