WEBサイトとSEO|SEO対策







WEBサイトとは

WEBサイトとは、World Wide Web(ワールドワイドウェブ)上にあり、1つのドメイン内に構成されるWEBページの集合体のことです。

WEBサイトは、HTML(Hyper Text Markup Language)というWEBサイトのために開発された言語を使用して作成されます。

HTMLは、タグと呼ばれる文書の一部を<と>で区切って記述していきます。SEO対策の内部施策では、WEBサイトをまるごと作成できるまでのスキルは必要ありませんが、タグに書かれた日本語を編集していくので主要なものは覚えておくと便利です。

HTMLとXHTMLの違い

WEBサイトを作成するための開発言語には、

  • HTML
  • XHTML
  • HTML5

の3種類があります。XHTMLとHTML5は、HTMLのバージョンアップ版です。

基本はHTMLと同じですが、より開発者にとって便利な記述ができる新しい言語がXHTMLとHTML5です。

  • HTMLで作られたWEBサイトは、画像やテキストを表示するためだけに作られた言語
  • XHTMLは、データの意味を判断し、集計なども行える。
  • HTML5はスマホ用ページを作成するときにもちいられる

今では、スマホ対応しているサイトがほとんどなので、HTML5が主流です。

WEBサイトとホームページの違い

以前は、WEBサイトの入口のことをホームページと呼んでいました。しかし、日本ではWEBサイトとホームページが同じ意味で使われるようになり、現在ではWEBサイトのことをホームページと呼んでいることがほとんどです。また。入口ページのことを表す言葉としてランディングページという言葉もあります。

ディレクトリ構造

WEBサイトを作成するにあたり、掲載したい内容はたくさんあるはずです。

まず、トップページがあり、商品ページ・サービス内容ページ、お知らせ情報、会社概要、地図、ニュース一覧、求人情報、プライバシーポリシーなどです。

複数の情報を一つのWEBサイトにまとめるにはそれぞれのコンテンツをカテゴリで分けて情報を整理することが必要です。そうすることで検索ロボットが理解しやすいWEBサイトへと改善されます。

ディレクトリのつくり方

ディレクトリをつくる際には、WEBサイトに必要なコンテンツをすべてリストアップして分類するようにすると、まとめやすくなります。

検索ロボットは近店がたくさんあるディレクトリを優先的にクローリングしてWEBサイトのパワーバランスを認識します。

自分の思惑と検索エンジンの認識にずれが生じないように、コンテンツを追加する際には、ディレクトリ単位での重要度を図ることが必要です。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています