SEOガイドライン|SEO対策







headの最適化

SEO対策において<head>タグとは、検索エンジンに最初にアプローチできる部分であり、WEBサイトの情報やキーワードを記載します。記述ミスをするとWEBサイトが正常に開かなくなる可能性もあるので、HTMLに慣れていない人は<title>タグ、<keyword>タグ、<description>タグの最適化から始めてください。

headタグは簡潔にする

<head>タグは、プログラムファイルに関わる指示を記述する部分でもあります。たくさん書きすぎてしまうとWEBサイトを開く際にタイムパフォーマンスが低下する可能性があるので、検索エンジンに分かりやすく伝えるためにも、なるべく簡潔に記載するように心がけます。

タイトルタグの書き方

<title>タグにはWEBサイト名や、ページタイトルを記述します。

記述例:<title>ジャッキーの徒然日記</title>

この部分を最適化することで順位が大きく変わる場合もあるので、サイト名を|記号で区切ってキーワードを入力するのが効果的です。文字数に制限はないですが、多すぎると検索画面に一部分しか表示されなくなります。表示される文字数はPCでは30文字、スマホでは20文字程度と考えておいてください。

というのも、しばしば当てはまらないときがあるためです。

メタタグ

<meta>タグは、WEBページに関する情報を記述する部分です。WEBページの文字コードや参照ファイル、文字コード、サイトの著作権などを記入します。
<keyword>タグには、関連キーワードを入力します。ここで言うkeywordは正直今のSEOではたいして影響力はありません。所説ありますが、今のアルゴリズムでは3つのkeyword程度を入れるようにするとよいでしょう。入れ過ぎはダメです。なぜあまり効果がないかというと、コンテンツ内容・コンテンツ量が重要なためです。

<description>タグには、WEBサイトの概要を記述します。だいたい120文字前後が理想です。スマホの場合だと50文字前後までしか表示されません。スマホのことを考えると概要は50文字程度におさめたほうがよいということです。

nofollowの注意点

nofollowは検索ロボットの巡回を拒否したい場合に記述するコードです。ユーザーがコンテンツを作成できるUGC系サイトの場合は<meta name=”robots” content=”index, nofollow”>を記述しておくことでスパム行為を防ぐ効果があります。

UGC系サイトとは

SNSやブログサイトなどの運営サイトを指します。一般的なWEBサイトの場合は不要な部分となるので、<head>タグに余分な記述をしないためにも削除しておいてもいいです。

bodyの最適化

<head>タグがWEBページに関する情報を記述する部分であるのに対して、<body>タグはコンテンツの中身を記述する部分です。WEBページに表示されている文章や画像などは、全て<body>タグ内に記述されている情報です。
WEBサイトのレイアウトは基本的に見出し文章の順で構成されています。この構成を守ることで訪問者にも検索ロボットにとっても分かりやすいWEBページを維持することが可能です。
検索ロボットはテキストを好む傾向にあるので、<body>タグにはなるべくたくさんのテキストを使用するほうが良いです。<title>タグに記載していないミドルキーワードやスモールキーワードを<body>タグにたくさん使用することで、コンテンツ内容が充実し、SEOも強くなっていきます。

また、自身の事業のサービス内容や料金体系を詳しく掲載することでユーザーの理解を深め、コンバージョン達成にもつながります。

WEBデザインの注意点

一見オリジナリティにあふれるデザインをしているWEBサイトも、正しい構成に沿って作成することで検索順位の上位に掲載することが可能です。HTMLの構造を無視したW3Cに反するコーディング方法では、検索エンジンに好まれず、ユーザーからの訪問を得ることが難しくなります。

見出しタグとは

<h>タグは、コンテンツの段落に使用します。

記述例:<h>見出し</h>

<h>タグは、<h1>、<h2>、<h3>のように重要度の高い順から連番で番号を振っていきます。特に<h1>タグは非常に重要な役割で、各ページに1回しか使わないほうが良いです。複数回使うこともできますが、SEO対策の上では1回だけにしておいた方がいいでしょう。<h1>タグは<title>タグと同じぐらいのレベルで考えておいても問題ありません。

競合サイトよりもページ数を増やすことはSEOでも有利になります。見出しが多くなりそうな場合は、無理に1ページ内におさめようとせず、次のページに移動するようにするとよいでしょう。1ページ内に使用する見出しタグはおおよそ<h4>までを目安に作成するとデザインバランスも保たれます。

pタグ

<p>タグは<h>タグの下に記述します。<h>タグが見出してあるのに対し、<p>タグは本文を入力する段落の役割を果たします。

記述例:<p>本文</p>

本文は全て<p>タグで書き込まなければならないというわけではありませんが、検索エンジンに分かりやすく伝えるために、可能であれば1つの見出しに対して段落を作り、その中に画像や文章を入れ子にすることをおすすめします。

altタグ

<alt>タグは画像ファイルの説明文のことです。<img>タグの中に書き込みます。

記述例:<img src=”./images/test1.jpg alt=”イメージ画像の説明文”>

説明文と言っても長々と書くわけではなく、ファイル名を日本語表記にした程度の文章で問題ありません。<alt>タグに何も記入せずにいることはHTMLの記述ルールに反しているので何か記入するようにします。かといって適当になんでも入れていいわけではありません。

em/strongタグ

強調した文字に使用するタグです。文章全体に使用するのではなく、1単語を強調するために使用します。

記述例:<em>強調したい単語</em>
記述例:<strong>強調したい単語</strong>

<em>タグで囲むことで文字が斜体になり、<strong>タグで囲むと太文字になります。SEO対策的にはそこまで効果はありませんが、少しはあるので覚えておいて損はありません。

フッター

WEBページの下部のことをフッターと呼びます。フッターには、WEBサイト内のページへのリンクを設置したり、Copyrightを記載したりします。

WEBサイト内のページへのリンクを設置することで、各ページの重要度を平等に高めることができます。しかし、過度のサイト内リンクはスパム行為とみなされるため、ページ数が多いサイトの場合はディレクトリ単位でのサイト内リンクを心がけてください。

フッターまで書き込んだら、ボディタグを閉じます </body>

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています