正しいHTMLの記述|SEO対策







正しいHTMLのの書き方

HTML/XHTMLの記述方法にはW3Cが定める世界共通のルールがあります。マークアップ基準に準拠した正しいタグが使用されていることで、WEBサイトの安全性が保たれ、ブラウザでのレイアウト崩れを防ぐことが可能です。

WEBサイトがW3Cが定めた文法でHTMLが記述されているか確認するためには、以下のリンクから調べることができます。

https://validator.w3.org/

HTMLは入れ子構造で記述する

HTML/XHTMLでは、タグで囲まれた範囲の文字列が入れ子構造になるように記述します。入れ子構造になっていないHTMLはブラウザで確認るとレイアウト崩れを起こしてしまいます。また。タグの閉じ忘れなどもレイアウト崩れを起こす要因となるので、適切なサイト構文を守るように気を付けてください。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>タイトル</title>
</head>

<body>

<h1>見出し1</h1>

<p>本文</p>

<h2>見出し2</h2>

<p>本文</p>
</body>
</html>

アクセシビリティとは?

WEBサイトの使いやすさを表す用語です。WEBサイトの利用者には、高齢者や障碍者など、ハンディキャップを持つ人も多くいるため、ダニ取手も使い勝手の良いサイトを作成するのが望ましいです。

ディレクトリ毎のキーワード

WEBサイトをブラウザで閲覧すると、ウィンドウの左上やタブの部分にページタイトルが表示されています。検索結果に表示されているタイトルと、ブラウザのタブに表示されているタイトルは一致しています。

タイトルは全てのページにそれぞれ違う文章を記入します。重複したタイトルがあるWEBサイトは品質低下につながります。

ディレクトリごとにキーワードを設定する

各ディレクトリごとに代表となるキーワードを決めて、タイトルにそのキーワードを含めることにより重要性は高まります。

キーワードにリンクを付ける

コンテンツの本文にキーワードを記述したら、関連ページへのリンクを付けると効果的です。この方法はSEO外部施策で効果的な方法ですが、内部施策においても有効な手段です。

サイト内で、内部リンクを貼りユーザーを誘導すると、サイト滞在率が増えWEBサイトとして好評化になります。ただし、やりすぎるとかっこ悪いし、スパム判定されてしまう可能性もあるのでほどほどにしてください。

過度なキーワード設置はスパム行為

自社サイトへの誘導目的のためのキーワード設置したサイトを作成するのはスパム行為とみなされます。スパム判定されたWEBサイトと同じドメインのWEBサイト全ての順位が低下してしまうので損失を広げないためにもやらないようにしてください。

キーワードの出現率

現在のSEOではキーワードの出現率についてはさほど重要視されていませんが、優良なコンテンツを確認すると10%前後のキーワード出現率となります。範囲としては7~15%程度です。キーワードを入れ過ぎると変な文章になったりしますので、良いコンテンツ作成を心掛けるとどうしてもキーワードの出現率は10%前後になります。

キーワードの出現率は下記サイトで無料で可能です。出現率をしりたURLを入力して解析ボタンをクリックすると解析してくれます。

クレフキーワード密度チェッカー

クレフキーワード密度チェッカー

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています