リンクのテキストを工夫する|SEO対策







アンカーテキストとは

HTML/XHTMLでリンクを付ける際には<a href>タグで指定します。<a>○○</a>で囲まれたテキストのことをアンカーテキストといいます。ハイパーテキストと同じ意味で使われますが、アンカーは具体的に<a>タグのことを指します。

検索エンジンは、アンカーテキスト(ハイパーテキスト)の内容とリンク先のページの内容には深い関係があります。実際にリンク先ページのコンテンツがアンカーテキストと一致していなければSEO効果は期待できませんし、あまりにも一致しないリンクが多ければスパムとして判定されます。アンカーリンクの設置は慎重に行ってください。

画像のみのリンクにも注意

サイト内・外ともに、リンクを付けるときは画像ではなくできるだけテキストを用います。画像のボタンを設置した場合でも、下に補助的なテキストリンクを掲載するなど工夫したほうが、SEO対策的には効果があります。

前へ、次へ、こちらはなるべく避ける

1ページに掲載するコンテンツ量があまりに多すぎる場合は、次のページへ送ることで検索ロボットの巡回をスムーズにし、なおかつ1ページにおけるキーワード密度を薄めずに済みます。

次ページへのリンクを設置する際には次へ2ページ目へなどと表記せずに、コンテンツ内の内容と一致するキーワードを含めたアンカーリンクを設置します。

サイト内コンテンツへの導線のためのリンクであっても、せっかくのリンクですからキーワードを用いてSEO対策をとるようにします。また、コンバージョンページへつなげる際にも会員登録はこちらなどと記述するよりは、キーワードを含めたアンカーリンクを設置するのが効果的です。

アンカーテキストの重要性

検索ロボットがハイパーリンクをたどってインターネット上を徘徊しているという性質上、SEO対策においてリンクとはとても重要な要素です。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています