重要な情報は画面上部に記述する|SEO対策







重要な情報はページの上部に記述する

WEBサイトにおいて、訪問者、検索ロボット共に、WEBページは左上から右下に向けて情報を読んでいきます。

WEBサイトのデザイン次第では、差別化を図るために真逆のレイアウトを用いることもあるので、訪問者の場合はデザインによって読み方が変わることがありますが、検索ロボットにおいては、そのルールは絶対です。

規則的なルールを持つ検索ロボットは、WEBサイトの<head>タグを読み、次に<body>タグ、フッターの順で全体像を理解します。そのため、検索ロボットが最初に読み込むページ上部に重要なキーワードを記述するほうが得策です。

<title>タグの説明では、左から順に重要なキーワードを記述するのが得策と説明しましたが、<body>タグに設置するコンテンツも同様に、左から順に重要なキーワードを記述することで、検索ロボットに適切な情報伝達が可能となります。

ページ分割する際のcanonical

複数の類似したページが存在するWEBサイトの場合には、最も優先するページの<head></head>内にcanonical属性を追加します。似たようなページが複数存在する場合には、検索ロボットはどのページを優先すべきか判断できず、クロールの効率が低下したり、データベースへの登録漏れなどが起こる可能性があります。そのような場合には、最も重要なページにcanonical属性を記述することにより、検索ロボットが重要度が高いページを判断し、優先的にクロールされるようになります。

canonical属性にURLを記述するさいには、./index.htmlのような相対パスではなく、http://から始まる絶対URLを記述します。

例:<link rel="canonical" href="<a target=”_blank” href=”http://jucky.red/home/”>http://jucky.red/home/</a>" />

canonical属性の注意点

canonical属性は、使い方を間違えるとインデックスから削除されてしまう危険性があります。

canonical属性は、ECサイトやブログサイトなどの似たようなコンテンツページが複数あるWEBサイトに設置することで、重複コンテンツの誤判断を防ぐことが可能です。

しかし、むやみに全ページに設置してしまうと、重複コンテンツ以外のページまでインデックスから削除されてしまいます。必要なときのみ使用するようにして、設置する際には十分注意が必要です。

スタイルシート(css)・JavaScriptは別ファイルで管理する

スタイルシートではページのレイアウトや文字の色・サイズなどを細かく指定することができます。また、JavaScriptはちょっとした動きをだすことができるなど細かい処理を行わせるのに便利なスクリプト言語です。現在では、これらを使ってWEBをデザインすることが当然ですが、できればHTMLファイルとは別々に管理すると効率が良くなります。その理由は以下の2点です。

  1. 複数のページで共通して利用できる部分は別ファイルにしたほうが管理しやすい
  2. 検索エンジンは長すぎるHTMLファイルを高く評価しないため分離する

1.は主にWEBサイトの管理におけるメリットであり、2.はSEO対策におけるメリットです。検索エンジンでは、HTMLファイルの長さも考慮していると考えられています。HTMLファイルが長いとその分個々のキーワードの効果が薄まる可能性があります。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

スタイルシート(CSS)もJavaScriptも別ファイルで最初から綺麗に整理されてあるので非常に使いやすく、変更も簡単です。

こんな記事も読まれています