検索エンジンの落とし穴|SEO対策







SEOスパムとは?

SEOスパムとは、不当な方法を用いて検索エンジンを欺き、上位表示させようとする行為を指します。何がスパムでスパムでないかについては、明確に定義されていませんし、今後様々なルールが加えられる可能性が高いです。

場合によっては、HTMLタグの閉じ忘れはスパム行為だという人もいますし、検索ロボットを攻略し人為的に影響を与えることのみを言う人もいます。

どちらも、スパム判定される可能性があるという意味においては間違いではありません。WEBサイトの管理者からしてみれば単なるミスかもしれませんが、検索エンジンの能力に影響を及ぼす可能性は充分にあるためです。そのためサイトの管理者は、正しいマークアップや、検索ロボットの嫌がる行為についての最新情報を知っておく必要があります。

SEO対策は日々進化し、今日正しいことが明日には正しくなくなっている場合があります。一番重要なSEO対策は、オリジナルコンテンツをブラッシュアップさせ、HTMLコードを正しく記載することです。

そもそも、検索エンジンというのは人為的なルールをもって形成されていくもので、アルゴリズムを攻略できれば、検索結果に上位表示したり、最下位まで順位を下降させるテクニックを身に付けることもできます。しかし、検索エンジンの運営者以外の個人や企業がわざと検索結果を工作するのは、他人の所有物を勝手に壊しているのと同じことです。そのため、検索エンジンに対して重度な悪影響を与える違反行為は発見され次第、ただちに追放されるように仕組みが構築されています。そしてそれは日々進化をしています。

ペナルティを受けるとどうなる?

スパム判定を受けたWEBサイトにはペナルティが課せられます。自分のWEBサイトがペナルティをあたえられているかどうかを判断するには、検索順位をしらべると分かります。あるとき急に10位以下の順位下降があった場合には、スパム判定されるような行為をしていないか確認したほうがよいでしょう。

スパム行為が発見された場合には、サイトの管理者にGoogleサーチクロームを通して報告が届きます。それに従い、WEBサイトを改善することで品質を保つことが可能です。

しかし、長期間にわたって悪質な違反行為を続けていると、クロールの対象から外され、ドメインごと削除されてしまうこともあります。

ドメインが削除されなくても、違法なサイトとして位置づけられてしまった場合には、2度と検索上位には表示されないので、あきらめて新しいドメインを取得します。

中古ドメインを購入する際のチェックポイント

ドメインは、お名前.comなどのサービスを利用して、自分だけのオリジナルドメインを新規購入することができますが、以前に誰かが使っていた中古ドメインを購入することもできます。

中古ドメインは、売却目的で取得した人が、数年間しようして良い状態になるまで育てたあとに高値で売却されます。

質の良い中古ドメインはSEO対策に有利に働くので人気が高く、新規で購入するよりも高額なものがほとんどです。

しかし、そういったドメイン商材のなかには、スパム判定されて手放されたドメインも数多く存在し、それらは無料に近い値段で販売されています。

新規で購入するよりも安いからといって利用してしまうと、開設したばかりのWEBサイトがスパム判定され、せっかくのSEO対策が無駄になってしまうこともあります。

中古ドメインを購入するときは、

  • ドメイン年齢
  • 被リンク数
  • 被リンク属性

を必ず確認してから購入するようにしてください。

SEO対策に強いテンプレート=賢威

賢威テンプレート公式サイト

さまざまなテンプレートがありますが、賢威テンプレートはオリジナルのデザインに変更しやすく、文法も正しいため、賢威テンプレートにそってサイト作成をするとかなりの確率で上位表示できるようになります。

当ブログも賢威テンプレートを使用しています。

こんな記事も読まれています