電話営業



現在新しい事業(会社)のため電話営業もすることになり、各社に電話営業をしているところです。

そんな中、取り次いでもらえる時と取り次いでもらえないときの差が激しく、心が病みそうですw

上手くいくとき

最も大切な最初の電話

お忙しいところ失礼いたします。
株式会社○○のジャッキーと申します。
御社のリスティング広告について、コスト削減のお役にたてればと思い、お電話させて頂きました。
WEBご担当者様はお手すきでしょうか?

などを言い、担当者に繋いでもらいます。

言い回しが悪いと

営業電話は断ってください

なんて、裏で話がしてある可能性が高いです。

営業電話に飽き飽きしていることがほとんど

営業電話にあきあきしていることがほとんどなので、以下のことに気を付けながら電話します。

声のトーンを少し上げる

電話は、かなり声が聞き取りにくくなります。そのため、はっきりとしゃべることと、声を柔らかくすることが大切です。

実家、家の電話がかかってきたときに、おかん・ばあちゃんがすごく声が裏返るように対応する感じです。

一方的にしゃべらない

電話で、言いたいことすべては伝わりませんし、相手が電話先で何か作業しながら対応しているかもしれません。

言いたい事を簡潔に、さらには相手の気をひかせるような(答えやすい)質問を入れます。

相手が話しだすときちんとヒアリングし、あたふたしないように、きちんとメモを取る。

取り次いでもらったら

ここも同様で、最初から説明します。

声のトーン、説明も、同様です。
相手にメリットを感じさせることができれば合格です。

個人のメールアドレスを聞き出します。

メリットを感じてもらえることができれば、簡単にメールアドレスを聞き出すことができます。
他社に不満があるなどタイミングもありますが・・・

電話が終わったら

メールアドレスにメールを送ります。
すぐに!

□□株式会社
△△様
先ほどは、お忙しい中にもかかわらず、ご対応ありがとうございました。

電話でお伝えしましたとおり、添付にて資料を送信させていただきます。

お手数ではございますが、ご確認の程宜しくお願い致します。

株式会社○○のジャッキー

という感じで、お礼と目的の内容を送信します。

返事が来る・来ないどちらでも再度電話

返事か来る人・来ない人どちらの場合でも、翌日や朝方に電話したなら、夕方などに再度電話します。

再度電話する理由

メールがきちんと届いているか?
内容を確認していただいたか?

確認していただいているのであれば、どういう反応か?など次のステップにつなげるためです。

失敗するとき

基本的にほとんどが失敗します。

だって、相手にとっているかいらないかはこちらにはわかりませんし・・・

営業なんて基本的にあきあきしていますからw

業種にもよりますが、100件電話して、1件成約につながれば御の字です。

電話営業・テレアポなどは、基本的に門前払い覚悟です。

もっとも大切な事

こころが折れないことです。

失敗して当たり前。でも、成功するためにどのようにするか?

とりあえず電話しまくる。非効率な感じですが、いつかうまくいくことがあります。

本当に心折れそうになりますw

こんな記事も読まれています