Googleアナリティクス活用の大前提は「取る」設定を万端に行うことです。アカウントの作成とともに、トラッキングコードについて説明します。

Googleアナリティクスのアカウントを作成する

ジャッキージャッキー

初めてGoogleアナリティクスを使う場合の、アカウントの作成とトラッキングコードの取得をする手順を説明します。

計測するサイトを持っていない場合でも、閲覧用のでもアカウントを登録する方法があります。

Googleアナリティクスを使う環境を準備する

Googleアナリティクスを使い始めるには下記が必要です。
  • Googleアカウント
  • Googleアナリティクスアカウント
  • 分析対象となるWEBサイト
Googleアナリティクスの使い方を学んで、運用サイトの成果を上げたいと考えている人はすでにGoogleアナリティクスを利用中かもしれません。
しかし、会社のサイトをこれから分析してみたい人、自分のサイトにGoogleアナリティクスを導入したい人など、まだ一切サイトを持っていない学習者の人もいるかもしれません。そこでここでGoogleアナリティクスに触れながらすすんでもらうために、Googleアナリティクスを使う準備をしてください。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスのアカウント作成

Googleアナリティクスのアカウント作成するには、あらかじめGoogleアカウントを作成しておきます。
Googleアカウントの準備ができたら、Googleアナリティクスのサイトへアクセスして、Googleアナリティクスのアカウントを作成します。ただし、計測対象サイトがない人は、デモアカウントを追加することでレポート画面を見ながらGoogleアナリティクスを学習することができます。

Googleアカウント作成

1.Googleアナリティクスにアクセスする

Googleアナリティクスにアクセスし、無料利用をクリックします。

Googleアナリティクス

2.登録情報を入力

ウェブサイトを選択する 団体名など判別しやすいアカウント名を入力 計測するサイト名を入力 サイトのURLを入力 日本を選択する チェックマークの付いた項目を確認 トラッキングIDを取得をクリック
Googleデモアカウントを使う
計測するサイトがまだできていなくて、Googleアナリティクスの画面を確認したいときは、下記のURLからGoogleが運営するECショップのでもアカウントを追加できます。ページをスクロールし、[デモアカウントを追加]をクリックすると、Googleアナリティクスの利用が開始されるとともに、デモアカウントが閲覧可能になります。
アナリティクスヘルプ デモアカウント

3.トラッキングIDとトラッキングコードを取得する

新しいアカウントとプロパティが作成されて、トラッキングIDとトラッキングコードが表示されます。ここで表示されるトラッキングコードは直接タグに入力する場合のものです。直接HTMLに設置する場合は次の項目で説明します。
なお、Googleタグマネージャーを使う場合はこのコードを使わずに設置します。別途説明します。
  1. プロパティ
  2. トラッキング情報
  3. トラッキングコード

のページが自動的に表示されます。

作成したアカウントのトラッキングIDが表示されます サイトへ実装するトラッキングコードが取得できます

WEBサイトにトラッキングコードを設置する

ジャッキージャッキー

初めてWEBサイトにGoogleアナリティクスを追加する場合は、Googleアナリティクスのアカウントを作成後に発行されるトラッキングコードの設置が必須です。

WEBサイトにトラッキングコードを設置する手順を説明します。

アクセス記録を送信するトラッキングコードの役割

Googleアナリティクスでプロパティを作成すると、計測用のプログラム「トラッキングコード」が発行されます。トラッキングコードは、「計測タグ」や単に「タグ」という言葉で呼ばれる場合がありますが、いずれにしてもJavaScript(ジャバスクリプト)というスクリプト言語で書かれたプログラムです。
このトラッキングコードを計測したいWEBサイトのすべてのページ内に設置することで、WEBサイトで訪問者がページを閲覧するたびに、その行動で^たがGoogleアナリティクスに送信されます。

トラッキングコードの設置方法は2つ

トラッキングコードを設置する方法は直接サイトへ設置する方法とタグ管理ツール「Googleタグマネージャー(通称GTM)」を利用して設置する方法の2種類があります。
今回はトラッキングコードについて説明する場合は「直接ページに設置する方法」をベースに開設しますが、これから新しくコードを実装する場合は、複雑なコードを管理画面から簡単にカスタマイズできるGoogleタグマネージャーを利用して設置する方法をおすすめします。

トラッキングコードを直接ページに設置する場合

トラッキングコードをHTMLファイルを設置します。[トラッキングコード]ページのグローバルサイトタグ(gtag.js)をテキストエディタなどにコピーし、計測するすべてのWEBページのタグの直後に設置してください。

Googleアナリティクスを起動する

ジャッキージャッキー

トラッキングコードの設置が完了すると、いよいよ訪問者のデータがGoogleアナリティクスに蓄積できるようになります。

基本的な画面構成と、最低限必要な操作の紹介をします。

Googleアナリティクスのホーム画面

計測対象のサイトを設定して、プロパティが作成されたGoogleアナリティクスにログインすると、ホーム画面が表示され、Googleアナリティクスが自動集計したレポートが暫定的にレイアウトされています。
左メニューの[ホーム]をクリックすると画面に戻れます。
ホームをクリックすると表示される 表示中のレポート名 [アクティブユーザー]には、 現在サイトにアクセスしている ユーザーの数が表示される。

※[ホーム]レポートには集計グラフ・テーブルなどが含まれる。設置直後は蓄積がないため、グラフなどは空の表示になる

レポート画面を切り替える

Googleアナリティクスには、目的に合わせて使えるさまざまな集計レポートがあらかじめ用意されています。
そのレポートは、左側のメニューの[レポート]の下にある各レポート名をクリックすると表示できます。別途目的によってどのレポートを見るのかを説明しますが、ここでは画面の基本的な切り替え方法を理解しておいてください。
メニューをクリックしてメニューを展開 集計レポート名をクリックで選択 ▶がある場合はクリックすると、サブメニューをさらに表示できる
Google先生Google先生

[ユーザー]メニュー以下の[概要]を選択していますが、メイン画面でレポート名が[ユーザーサマリー]と表示されました。こういったUI用語の不統一がたまに見られます。

管理画面を表示する

レポートを集計・分析している際にはあまり使うことはないですが、新しいビューを設定したり、フィルタを使う際に必要になってくるのが管理画面からの設定です。
また、ビューを切り替えたり、複数のサイトをGoogleアナリティクスで見るために、アカウントの表示切り替えを行う手順も覚えておくといいです。

こんな記事も読まれています